生活・食

いちごのヘタの取り方は?いつ取る?洗うタイミングは?どっちから食べると美味しいの?

ヘタのついた苺

1月~4月頃は、店頭にもいちごが沢山並んで、いい香りがしていますね!

いちごのヘタ、取って食べますか?では取り方は?

意外といちごのヘタの取り方って人それぞれ違うんですよね~。

中にはヘタごと食べる、というツワモノも!

見栄えのよいいちごのヘタの取り方、面白いヘタの取り方、いちごを洗うタイミングと美味しい食べ方をまとめてご紹介します^^

スポンサーリンク
  

いちごのヘタの取り方

夏にぶどう狩りに行った際、「ぶどうの種を食べないのは日本人と韓国人ぐらい」という話を聞きました。

いちごに関しても、外国ではヘタごと食べられているらしいと聞き感心しましたが、でもやっぱりヘタごと食べる事に抵抗がある私…。

なので!私のおすすめ、いちごのヘタの取り方です!

苺のヘタをツメで取る

いちご狩りでやっちゃうのがこの方法。

いちごのヘタに狙いを定めて、親指と人差し指の爪を差し込むようにブスッと!

可食部が一番無駄なくとれる方法だと思うんですが、そのうち、つめの間が痛くなります^^;

苺のヘタをナイフで取る

家で苺を食べる時のへたの取り方はコレ。

ヘタの葉っぱみたいな部分をむしり取って、残った部分をナイフの先でくるっとえぐります。

苺のヘタをナイフで取る

ヘタを取ったいちご

この方法が一番見栄えよく、いちごのヘタを取る方法だと思うんですけどねぇ。

ちょっと面倒に感じてしまう人もいるかも。

もともとズボラな私は、家で食べる苺のヘタもツメで取り除いていたんですが、爪の痛みに耐えかねてこちらにシフトした経緯があります。

大量のいちごのヘタをもっと楽に取るなら、包丁でスパっと白い部分ごと切り落とす方法や、Vの字にヘタを切り落とす方法もアリです。(ちょっと可食部が持っていかれちゃうんですよね...)

苺のヘタをストローで取る

いちごのヘタの簡単な取り方!として紹介されてるのが、ストローを使ってへたをすぽーんと抜いちゃう方法。

なぬー!

ただし、大きい苺や形がいびつな苺はストローの位置を決めるのが難しく、何度かチャレンジしてみたけど、ヘタからずれちゃいました。

↓画像の一番上のいちごがストローでチャレンジしてみたもの。

へたをとった苺

一緒に取れてしまった可食部は、こっそり食べてしまいましょう。

無駄も少ないし面白いので、小さくて形の整った苺なら、子供と一緒に楽しんでヘタ取りができそうです。^^

いちごのヘタ取り器

世の中、便利グッズがこれでもか、というほど次々に登場しますが、なんと、いちごのへた取り器なるものもあります。

いやいや、わざわざ買わなくてもよくない?と思ってしまいそうですが、大量にいちごを扱うケーキ屋さんなどで活躍しているようです。

これが必要なほど、沢山の苺が食べられたらいいのですが…。

ちなみに、このいちごのヘタ取り器、じゃがいもの芽を取るのにも活躍できるそう。

…ん?

つまり逆に考えると、うちにあるピーラーについてる、じゃがいもの芽を取る部分、あれで苺のヘタも取れちゃうってことか…。

灯台下暗し。

スポンサーリンク

いちごのヘタはいつ取る?洗うタイミングは?

いちごは傷みやすいので、食べる直前まで洗わないのが基本。

じゃあ、ヘタを取るタイミングはいつなの?と思ってしまうわけですが、ヘタを取ってから洗うと、ビタミンの流出や味が水っぽくなって美味しくないことから、洗ってからヘタを取る、というのが美味しいいちごの食べ方とされています。

しかも洗う時は流水で手早く。

でもあのヘタの葉っぱみたいなところは、洗っても汚れがたまっていそうな気がしてしまう私。

ヘタを取る時も、あの葉っぱみたいなところが邪魔になりません??

よって、我が家では、ヘタの葉っぱみたいなところだけ先にむしり取って洗い、キッチンペーパーに並べて水分落としつつ、片っ端から残ったヘタをナイフで切り取っていきます。

ヘタを取る前のいちご

↑この状態で洗って水分を取って、残ったヘタを取ります。

いちごはヘタ側から食べると美味しい?

いちごの美味しい食べ方は、やっぱりそのままだと思うんですが、いちごは先の方に甘味があるそう。

なのでヘタのほうから食べると、甘味が後に残って美味しいと言われていますが、あいにく私は美食家でも、ゴッドタンも持ち合わせていないので、先っぽから口に放り込んでも美味しい(笑)

ただし、大きないちごを2口で食べるなら、先っぽをかじってヘタのほうを2口目にするとたしかに味が薄く感じます。

一口サイズを超える苺は、縦半分に切って食べた方が美味しく感じることができそうですね!

でもうちの夫はたっぷり練乳をかけるので、そんなのお構いなし。

酸味が強かったり、味が薄い苺だったりすると練乳かけてしまうこともありますが、美味しい苺はそのまま食べるのが一番だと感じます。

品種によっても味が変わるので、好みの苺を探してみるといいですよ。

私は今のところ、紅ほっぺが一番好きです。

おわりに

いちごのヘタを取るのが面倒だから、いちごは食べない、というのを聞くと、もったいない~!!と思ってしまいます。

いちごには、風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるとされるビタミンCが豊富に含まれるので、季節的にもおすすめの食材。

いちご狩りも各地で開催されますので、ぜひチェックしてみてはいかがでしょう??

>>>いちご狩りのおすすめ時期、美味しい苺の見分け方と保存方法!

スポンサーリンク

関連記事と広告



-生活・食
-,