水を張った田んぼ
スポンサーリンク

この記事は、『カエルの撃退方法が知りたいけれど、カエルの画像・写真を見るのすら怖い!』という方に向けて、カエルの撃退方法や忌避剤はないものかまとめた記事になります。
 
コンビニもない超田舎育ちの私ですが、虫も苦手だし、爬虫類とかも苦手。

苦手っていうより怖いんです。

 

害虫を食べてくれるんだから、虫嫌いの私としては、とっても頼もしい存在なのはわかってます。

彼らがいる環境が地球にとって大事だってことも。

 

でも怖いものは怖い!
 

なので、このページには一切、彼らの画像(イラスト含む)は載せません。

安心してみていってください。

追い払うのすら怖いので、かえるをできるだけ家に寄せ付けない方法をまとめてみました。
  

カエルを撃退、家に寄せつけない方法

田んぼにいてくれるなら、全然それでいいんですけど、

ある日家に帰ってきて、2階へあがろうとしたら、階段の上にヤツが!

窓に張り付いてる!
 
ギャアァァァァ━━━━━━(|||゚Д゚)━━━━━━!!!!!

田んぼはあっちじゃ!

なんて通じるわけもなく。
 
どうしておとなしく田んぼにいてくれないのか。
 
そう、問題はそこ。

家にかえるがくる理由は、えさを求めてやってきてるんです。
 

つまり、家にかえるを寄せつけたくない、という場合の方法としては、

・かえるの餌となる虫を寄せつけない
・かえるの居場所をつくらない

ということに尽きます。
 
餌となる虫がいるから、彼らがやってくる。

つまり、退治・撃退すべきは虫なんです!

※ちなみに、カエルに虫除けは効かないらしいです。(害虫じゃないので)
 
虫除けにも、蚊取り線香や害虫忌避剤など色んな種類があって、虫の種類によって効果も違います。

残念ながら、全ての虫に効果があるわけではないこと、強すぎる忌避剤だとかえって、かえるの天敵となる鳥やへびまで逃げてしまう可能性もあります。
 
殺虫剤や薬剤を使いたくない場合、超音波で虫を追い払う方法も。

コンセントが必要なので、ベランダなどで使えないのがネック。

 

ちなみに我が家では、夜はなるべく虫が寄ってこないように、玄関前の外灯をつけず、出入りがある玄関側(室内)の明かりも極力消すようにしています。

害虫駆除ランタン↓などもありますが、捕まえた虫を処理するのが嫌で断念。

まわりに自然があって、虫がこないほうが不自然ではあるんですけどね。

スポンサーリンク

カエルの忌避剤ってないの?

虫よけのように、かえる避けがあればいいと思ったんです。

でも楽天やAmazonで検索しても、かえるの忌避剤ってないんですよね。(一般的には害ないですもんね…)
 
じゃあカエルの苦手なもので追い払えないかなって。
 
カエルの天敵は、田んぼでもよくみかけるサギやへび、鯉やザリガニ。

どれも飼えない!

となると、かえるが苦手なもので撃退したい。
 
かえるは水を必要とする生き物なので、熱いところが苦手。

直射日光にさらされているコンクリートの上にかえるがいることなんてほぼないですよね。
 
庭やベランダに、日陰となる植木鉢や植物、水たまりなどがあると、かえるにとっては居心地がよくなるので、要はかえるの休憩所となる場所をつくらないこと。

 
水たまり(空き缶とかカバーに溜まってる水も)は蚊の発生源にもなる⇒かえるのえさとなるので、ゴミの放置なども厳禁です。
 
とにかく家の周りを乾燥させる!(でも雨が降ったら意味なし。とほほ)

りこ
ちなみに、塩を撒くと身体の水分を奪われるので水辺に戻る、らしいので、家の周りに塩をまくっていう方法もありますが、こちらも雨が降ったらおじゃんですし、近所の目が気になるところ…

カエル嫌いが発狂する時期(かえるが鳴き始める時期)

カエルは年中いるし、地域や種類によって行動も違うので、鳴き始める時期や増える時期も異なりますが、

私の住む地域(九州)では、5月末くらいから、田んぼに水が張られるようになって、

そうなると彼らがどこからともなくやってきて夜は大合唱に発展。
 
すっかり暗くなった頃から、夜中1~2時くらいまでゲコゲコ鳴き続けます。

夜行性?

じゃあ、昼はいないのかといったらそうじゃない!
 
前回住んでいた場所は、家の前は空き地で草ボーボー。

さらにその奥には数か所の田んぼ。
 
雨の日に歩いていけるスーパーまでは、どうしても田んぼに挟まれた道路を通らなきゃならない。

したら、あっちからぴょこ。こっちからぴょこ。

すんごく小さいから、ついには小石までがかえるに見えてくる有り様。
 
なので特に梅雨時期は、天気予報をよくチェックして、雨の日は買い物しなくていいように、事前に献立を決めるようにしてました。
 
稲刈りが終わる頃(8月頃?)には見かけなくなるような…?

あるいは寒くなる(冬眠する)までの辛抱です。( ´^`° )

かえる嫌いが理解されない

「かえるは悪ではない」「かえるがいる環境は大事」「かえるは可愛い」

…でしょうけど、自分でもかえるが嫌いな理由なんてわかんないです。
 
大きさ関係なく、見るのも怖い。嫌いという感覚より、とにかく怖い。
 
私はまだぬいぐるみ(パペットマペットとか)とかなら別モノとして考えられるけど、(かといって保有したりはしない)

完全にかえる恐怖症の方は、置物すらダメだと聞きます。
 
農家の嫁にきたからには克服しないと!と頑張ってる方はほんと偉い!

 

旦那への愛>蛙への恐怖

 

ちなみに、かえる恐怖症の克服方法として、ちゃんと向き合うこと(つまり飼育する)なんて例もありましたが、

私は無理です。(ヾノ・∀・`)ナイナイ

カエル撃退法のおわりに

カエル撃退方法を調べたいけど、画像は見たくない!

そう思い立って、カエル画像なしで撃退法をまとめてみました。

かえるが害虫でない以上、直接撃退する方法はなかなかないのですが、

かえるがくる原因を断つ(餌となる虫を寄せつけない、心地いい場所をつくらない)ことはある程度できるので、

こちらの虫対策のまとめ記事も参考にいただけたらです。

スポンサーリンク
コメント一覧
  1. より:

    かえるが大嫌いで昔から今からの季節が苦手です。
    今日も雨がふりたくさんやってきました。
    生まれ育った環境でも我慢できません。
    撃退法を検索したくても写真が怖くてできませんでした。
    今日ほんとにつらくて、思い切って検索したらこちらの記事を見つけました。
    同じような悩みの方いらっしゃるんだなぁと嬉しく思います。
    写真もなく助かりました。

    • りこ より:

      凛さん、コメントありがとうございます!
      画像すら見たくないという恐怖を共感できてうれしいです。
      なかなか撃退は難しいですが、なにか良い方法を見つけたら追記していきますね!

  2. ひろし より:

    こんにちは!
    自分も今の時期が一番嫌です。
    近くに池があり、そこにウシガエルがいて、何匹も鳴いています。本当に無理で、見るのも気持ち悪くて嫌です。
    夜も鳴いており、寝れなくなることが多々あります。
    本気で駆除をしたいと思っております!

  3. ピナ子 より:

    私もカエルが本当に無理で生理的というか...心療内科でもいった方がいいんじゃないか?とか言われるレベルで無理で、先日父親の車のバンパーにくっついてるカエルを5年振りくらいに見てしまい、今もまだどこかにいると思うと、玄関を出てからキョロキョロ...素早くすり抜け家にダッシュって感じで何か撃退法寄せ付けない方法ないかと思って検索していたら、ここにたどり着きました。本当にカエルが無理な人が私以外にもいるんだと安心してなんだか救われた気持ちになりました。(●❛⃘ᗜ​❛⃘●)੭ु⁾⁾

    • りこ より:

      私もどうしてアレが怖いのかわからないんですけど、
      同じ気持ちの方が沢山いらっしゃって心強いです!!

  4. rainbow cafe より:

    画像なし、大切な事です。私も、怖い、感覚です。恐怖症。。画面も本物も見れないのに、今日10年住んで1度も会わずにすんでいたはずの、かえるさんが、なんと自分ちの大好きなお庭に出没しました。。叫んでしまい、怖くて震えました。
    10年来なかったので、この庭には来ない、という安心感がどこかにありましたが、一気に恐怖感に変わりました。昨日の台風で迷い込んでしまったのでしょうか。。
    旦那不在中だったため、つかまえと二度と来なそうな場所まで、運んでもらうのもムリで、、

    隣の家に逃げて行ってしまいました、、
    逃げては欲しいですが、近くに逃げただけでは、また来てしまうのでは?という恐怖感しかありません。今日は寝れません(涙)
    怖くて怖くて、、長文すみません、、、
    ためになる記事を、どうもありがとうございます。

    • りこ より:

      私も先日久しぶりに庭で見てしまい、震えあがりました…!
      (エアコンの室外機から漏れる水に呼び寄せられたようです)
      近くにいるかも、と思うだけで怖いですよね!
      どうか遠くに行ってくれますように!

  5. パニョールケンジ より:

    りこ様、貴重なレポートをありがとうございます
    画像が無いのは素晴らしいです。私は62歳ですが、ダメです。家族には「あのお方たち」と言い、正式名の3文字も使えません。子どもの頃にゴジラ並に巨大化したあのお方たちが、街中を破壊して歩く夢を見ました。火をはくわけでなく、ただビョーンってとんでいるだけなんですが。起きたら枕が涙と汗とでグッショリでした。もう怖いです。家族でテレビをみている時に、何故か「もう見てられない」と目を塞いだり、顔を背けたりすると、次のシーンには画面にあのお方たちの映像が映るのです。家内や娘には、「スゴーイ、どうして出てくるの分かるのー?」と感嘆の声をあげられます。自分でも何でか分かりません。でも急に不安になるのです。車を運転していると数10メートル手前から、三角定規をふせたような形を認識し、急ブレーキ踏むこと数限りありません。家族以外の殆どの人にはこの事を伏せて今まで過ごしてきました。きっと誰も分かってくれないからです。私たちのような人たち以外の人たちにはなんでもない事なのですね。忌避剤もないのですよね。適切な表現では無いかも知れませんが、ガマンするしかないのですよね。雪の降る日もありますが、少しづつ春が近づいて来ました。今日の夕暮れに姿を見かけたような気がして怖いです。ずーっと目覚めないで欲しいです。いずれにしましても、この気持ちを共有してくださる方がいらっしゃって嬉しいです。皆さま、1人では無いという気持ちで過ごしていきましょうね。

    • りこ より:

      なかなか理解が得られないのもわかるんですけど、こればかりはもうどうしようもありませんよね><
      同じお気持ちの方がいらっしゃってちょっとほっとするというか、こんなことで悩んでいるのは私だけじゃないんだ、って思えました。
      (もはや第6感で察知できるようになられててすごいです・・・!)
      お返事遅くなりましたが、コメント頂いてありがとうございます!耐えていきましょう!

  6. いっちゃんママ より:

    こんにちは❗画像無し本当にありがたい配慮です!
    イラスト、画像すら悲鳴あげるくらいなので、こちらのページは画像なしと明記してくださっているのが本人に素晴らしいです(号泣)

    年少娘、一歳男児と0歳男児の母なのですが、今年から保育園の娘のクラスが、お散歩で蛙捕りをしてくるので本当にお迎えが苦痛過ぎて。(しかも保育士さんお手製のペットボトルで作られた簡易な虫かごに入れてるので逃げ出すことがあるようです!)
    幸い娘はまだ上手く捕まえられず、前回は空っぽでした。しかし今日は担任の先生が一緒に捕まえて一匹入れてしまいました(号泣)
    「ママは本当にカエルさんが怖いから、捕まえてきてもお家には連れて帰れないよ。保育園の帰り道で逃がしてあげようね」とあらかじめ話して娘は納得してるのか分かりませんが、逃がすのを了承してくれたので、木の陰で水気と草があるところに離しました。子どものためなら我慢出来ますよね?と担任の先生には冷たく言われましたが、カエルばかりは無理な相談です。今日はなんとか(ギャーとなりながら)虫かごのふたをあけて、逃がすのは娘がやりました。

    どれだけ苦手か何度も伝えてるので、本当に持ち帰らせる文化、やめてほしいです(持ち帰った虫かごは翌日に空っぽにして洗ってまた保育園に持っていきます。カエルが入っていたそれを洗うのも苦痛です。頑張ってやりました号泣)

    • りこ より:

      うわぁぁ・・・><
      お持ち帰りは酷すぎる環境ですし、先生の言葉も冷たい…!!(これくらいで、って思う気持ちもわかるんですが、どうしようもない人がいるってことも理解して欲しいものですよね><)
      容器すら洗うが嫌なのもすごくすごくわかります!
      唯一の救いは、万が一奴らが現われたときに娘さんに助けてもらえることでしょうか…
      今から鬼の季節ですが、なんとか乗り切っていきましょう!1人じゃないって思えてよかったです(泣)
      コメントありがとうございます!

コメントを残す

CAPTCHA


関連キーワード

ひよこさんのTwitterフォローしてね☆