生活・食

ブルーベリーの栄養がすごい!旬の時期とジャムや冷凍でも栄養は取れる?

2019/03/19

摘み立てのブルーベリー

店頭での販売も少なく、生のまま食べる機会少ないブルーベリー。

サプリメントのCMでも知られるように、目に良いイメージの高いブルーベリーは、他にも身体に良い栄養素が小さい粒にギュっと秘められています。

スマホやパソコンを見る機会の多い現代人だけでなく、女性にも嬉しいアンチエイジング効果も?!

ブルーベリーの栄養素や、生で食べられる旬の時期、またジャムや冷凍で食べるときのポイントなどをあわせてご紹介します。

スポンサーリンク

ブルーベリーの栄養素と言えばやっぱりあれ!

ブルーベリーの代表的栄養素といえば、やっぱり「アントシアニン」

アントシアニンパワ~♪というCMソングが頭で流れちゃいます。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンは、眼精疲労回復、視力回復に効果があるといわれ、スマホやPCを見ることの多い現代人の目には必要とされる栄養素。

また、ポリフェノールには抗酸化作用があり、細胞の老化を防ぐ働きがあります。

抗酸化作用とは?

体内に入った酸素の一部は活性酸素となって、細菌を排除する役割を持ちますが、増えすぎると正常な細胞をも酸化させてしまいます。これが老化の原因となるのですが、この活性酸素の作用を抑制する働きを抗酸化作用、抑制する物質を抗酸化物質といいます。

アントシアニンには目に良いだけでなく、抗酸化作用による生活習慣病(動脈硬化など)の改善や予防、花粉症のくしゃみや鼻水といった症状の緩和、アンチエイジング効果やガン予防の効果も期待されています。

ブルーベリーには他にも、アンチエイジング効果のあるビタミンC、ビタミンE、動脈硬化予防、粘膜や皮膚の保護に働くビタミンA、食物繊維も多く含まれています。

また、腸内環境を整える水溶性食物繊維と、便秘解消に効果のある不溶性食物繊維の2種類がバランスよく含まれているのも女性に嬉しいポイントですね!



ブルーベリーを生で食べられる旬の時期は?

こんなに素晴らしい栄養素を持つブルーベリー。

外国産のイメージも高いと思いますが、国内での生産も多く日本で生まれた品種もあります。

だけど、店頭で見かけることはあまりないのが現状。

それもそのはず、ブルーベリーの旬は、初夏~夏にかけての短い期間。

地域によって前後しますが、大体6月末~8月頃あたりが旬の時期といわれています。

ブルーベリーは追熟しないため、熟してから収穫しなきゃいけないし、収穫後は1週間ほどで味も栄養素も落ちてしまいます。

さらに乾燥に弱いので、常温で保存することもできません。よって店頭に並ぶことが少ないんですね。

そうなんです!ブルーベリーの栄養素を余すことなく取り入れるには、新鮮な完熟状態がベスト!

旬の時期にはブルーベリー狩りを楽しめる農園も各地にありますので、足をのばしてみてはいかがでしょう?

ブルーベリージャムでは栄養は取れないの?

普段頻繁に生のブルーベリーを食べている方って、そう多くはないと思うんですが、

ブルーベリージャムだったら毎日食べてる!って人はちょっとはいらっしゃるんじゃないでしょうか?

加熱してしまうジャムの場合、ビタミンCや葉酸といった栄養素は失われてしまうけど、アントシアニンや食物繊維の含有量は変わらないので、無駄ってことは全くないです。

実は私、ブルーベリーガムがどうしても苦手なんですが、ブルーベリージャムは大好き!

お気に入りは、砂糖不使用のサンダルフォーシリーズ。ブルーベリーの粒が沢山入ってて、パンにもヨーグルトにも合う~(´艸`*)

選べるお試しサイズはこちら>>サンダルフォーミニジャム 28g 選べる2個入りBOX

楽天1位のグリーンウッドさんのジャムもかなり前から気になってるんですけど、どうしよう…?!
グリーンウッド手造りジャム物語

朝から美味しいジャムで美味しいトーストが食べられたら、もう幸せ~(๑´ω`๑)

ああ、話が脱線してしまってる…!

ブルーベリーは冷凍でも栄養そのままなの?

生ブルーベリーの購入が難しい場合は、あらかじめ冷凍されたものを購入しても全然OKです。

冷凍だからといって栄養素が落ちていることはなく、新鮮なうちに冷凍されたもののほうが、かえって栄養価が高かったり、皮の組織が壊れることで栄養が吸収されやすいという利点もあります。

美味しさを損ねない急速冷凍の技術も進化してますしね!

冷凍されているものは、そのままスムージーにしたり半解凍して食べるのがおすすめ。

解凍される時点で水分がでてしまうので、ケーキのトッピングには不向きです。

まだ離乳食中の子供に食べさせる場合は、ミキサーにかけてヨーグルトに混ぜたりするといいかもです。

ブルーベリーの栄養のまとめ

ブルーベリーにはたくさんの栄養が詰まってましたね!

・ポリフェノールの一種であるアントシアニンが豊富
・ビタミンや食物繊維など、アンチエイジングにも期待できる
・生のブルーベリーの旬は初夏
・ジャムや冷凍でもOK

私も最近パソコンやスマホばかり見ているから、ブルーベリー積極的に食べなくちゃ…(笑)

スポンサーリンク

関連記事と広告



-生活・食
-,