Living info

気になるイベント情報、生活情報を発信しています。

生活・食

日焼け止めの購入ポイント!違いや種類によるおすすめな選び方とは?

日差しの良い海辺を歩く

夏が来る前に、UV対策しなくちゃ!

でも、日焼け止めを買おうとしたら、沢山種類があって迷いますよね。

種類や効果の違いがわかれば、選ぶ際のヒントになります。

上手に紫外線から肌を守るため、シーンに合わせた日焼け止めを選ぶコツを紹介します!

スポンサーリンク

日焼け止めの表示と効果。PAとSPFの違い

前回、日焼け止めのPAとSPFについて紹介しましたが、ちょっとおさらい。

PAは、肌を黒くしたり、しわやたるみなど老化の原因にもなる紫外線A(UVA)のブロック効果を表していて、PAの後に続く「+」の数で4段階の表記があります。「+」が増えるほどブロック効果が高くなります。

SPFは、日焼けにより肌が赤くなったり水ぶくれになったりするサンバーンの原因にもなる紫外線B(UVB)から肌を守る指標で、SPFの後に続く数字が高いほど、日焼け止めを使用しない場合よりサンバーンを遅らせることができる時間の目安が長くなります。

PAの最大表示はPA++++、SPFの最大表示数は50で、それ以上は50+となります。

表示が大きいほうが魅力的に思えますが、肌への負担も大きくなってしまいがちなので、利用する状況に応じて使い分けするのがおすすめです。

ちなみに日焼け止めの効果は、PAもSPFも、1平方cmあたりに2mgを塗った場合の数値です。

日焼け止めはどうして紫外線をブロックできるの?

日焼け止めに使われているものは主に、紫外線吸収剤紫外線散乱剤の2種類。

紫外線吸収剤
・紫外線を皮膚の表面で吸収し、科学的に処理することで、紫外線が肌に侵入しないようにする
・防御力が高く無色透明なので、日焼け止め特有の白浮きがなく、塗り心地がよい
・有機化合物で肌への負担が大きく、環境への影響も懸念される
・一定の紫外線量しか吸収できないので、こまめに塗りなおす必要がある

紫外線散乱剤
・粒子が光を反射するのを利用して、紫外線のエネルギーを跳ね返している
・有機化合物ではないので肌への負担が少ない(ノンケミカル)
・効果が長持ち
・白浮きしやすい、ベタベタする

※散乱剤の白浮きを改善するため、より小さく「ナノ化」された粒子を利用し、使用感も良い製品もありますが、細かくしたことで肌への負担があるのではないか、という懸念もあがっているようです。

スポンサーリンク

敏感肌であれば、ノンケミカルと表記された紫外線散乱剤を使用した商品や、オーガニック製品を選ぶと良いでしょう。(ただし、オーガニックであってもアレルギー反応が全くないわけではありません)

今では両方を組み合わせた、使用感が良く、肌への負担が少ない製品も開発されています。

日焼け止めの表記が高いものほど、紫外線吸収剤が多く使われています。

海や山などのレジャーではSPF値、PA値が高いものが良いですが、普段の外出等では値が低いものをこまめに塗りなおすほうが、肌への負担も大きくなりにくいのでおすすめです。

日焼け止めの選び方・種類で選ぶ

日焼け止めでよく見られるのが、液体(リキッド)タイプ
肌に伸ばしやすく、もったりしないので、顔用、からだ用どちらにも使用されています。2層タイプは良く振ってから使用する必要があります。

クリームやジェルタイプは保湿効果が高いものが多いです。
乾燥肌や敏感肌ならチェックしてみるといいですね。特に夏場使う日焼け止めはジェルタイプだと塗り心地も良いのでおすすめ。

化粧下地として使われるものが多い乳液タイプ
ファンデーションを重ね塗りすると、紫外線をダブルブロックできるので、SPF値などは低めで肌に優しいものも多いです。

スプレーやミストタイプは楽に付けられるので私も愛用中。
日焼け止めを塗った後の手のベタベタ感が嫌な人にもおすすめ。また、ストッキングの上からスプレーできるし、髪や頭皮の紫外線対策ができるので、ポイント使いするといいですね。

シートタイプは、デオドラントシート(制汗シート)の要領で、手軽にさっと塗れるのが好評。
うっかりしがちな首の後ろや耳などに塗りやすいので、こちらもポイント使いにおすすめ。スプレータイプなどと違って、周りを気にせず塗りやすいのも便利です。

パウダータイプはメイクの上からしっかり日焼け止めができるだけでなく、毛穴カバー効果のあるもの、テカリを防いだり白浮きしにくいものなど、見た目も綺麗にしてくれるタイプも続々登場しています。
ファンデーションだけでは心もとない外出時におすすめです。

まとめ

これから紫外線対策はより必須となる季節。
効果や種類で自分に合う日焼け止めを見つけてみてくださいね。

去年使っていた日焼け止めが残っているから大丈夫、と思ったそこのアナタ!!

開封した日焼け止めの使用期限は1年とされています。

去年開封した日焼け止めが残っていても、品質が低下していたり、雑菌が入り込んでいる可能性があり、肌トラブルを引き起こす原因になりかねませんので、新しい日焼け止めを購入するほうがおすすめです。

そして、今年購入した日焼け止めはもったいぶらずに、今年中に使い切るつもりでしっかり使ってしまいましょう!

スポンサーリンク

関連記事と広告



-生活・食
-,

おすすめ記事

グラタン 1
グラタンのホワイトソースがだまにならない簡単な作り方!つけあわせは?

お料理ベタな私ですが、グラタンはホワイトソースから作ります。 ダマにもならず、簡 ...

鍋の具材 2
鍋に入れるのはくずきり、マロニー、それとも春雨?違いは何?しらたきは?

鍋の美味しい季節。人気の具材にはくずきりやマロニー、春雨やしらたきなどもあります ...

ウィルスや菌がついた手のイメージ 3
ジアイーノの価格、業務用と家庭用の違いは?使い方やお手入れ、塩タブレットの投入や注意点とは?

パナソニックから発売されている空間除菌脱臭機、ジアイーノ。 インフルエンザやノロ ...

問診する医者 4
インフルエンザ予防に歯磨き?ガムでもいい?お医者さんの感染対策は?

インフルエンザの予防策としてマスクの着用や手洗い、予防接種などが推奨されています ...

女性の唇 5
リップトリートメントとリップクリームは違いは?使い方やおすすめリップも!

唇の乾燥は冬場のみならず、一年中気になりますよね。 女子の必需品、リップクリーム ...