生活・食

自転車の転倒防止策。強風対策、スタンドの活用、車とのトラブルを避ける!

2台並べて駐輪する自転車

購入一日目で風にあおられ、無残にも倒れてしまっていた私の新しい自転車…。

本体に傷がついてしまいますし、マンションなどの駐輪場では他人の自転車やバイクを巻き込みかねません。

強風でも自転車が倒れないようにするにはどのような対策があるでしょうか?

スポンサーリンク
  

自転車の転倒防止、強風対策は?

自転車が風で倒れて傷がつくのは嫌だけど、できればお金をかけずに対策はしたいもの。

昔は、見た目重視で20インチの折りたたみ自転車に乗っていたので、台風などの際は家の中に入れておくこともできたのですが、主婦になると、20インチでお買い物や子供の送り迎えはできませんよね。

外に停めておくしかない場合は、

✔柱や柵などに固定する
✔屋根付き駐輪場なら屋根から吊るすように固定する
✔あらかじめ倒しておく

といった対策をとりましょう。

ですが、我が家の駐輪スペースは柱も柵もなく、屋根も付いていません。

よって、家の壁に沿うよう停めて、余っている車止めで前輪が動くのを防いでいます。

片足スタンドの自転車なので、スタンドが付いている左側を外に向けています。

また、風が強いと事前にわかっている場合は、風の影響を受けにくい位置に移動させています。(出し入れが不便な場所なので、普段はそこに置いていない)

台風直撃など、かなりの強風が予測される場合は、あらかじめ倒しておくほうが、パーツへの負担や傷も減らせますし、ハラハラせず済みますね。

倒しておく場合は自転車カバーを外しておくか、しっかりと縛り付けておくといいでしょう。

自転車がすぐ倒れるようになった

両足スタンドのほうが安定感がありそうですが、さっと止められる片足スタンドの自転車を選んでしまった私。

(急いで自転車を購入してしまったせいもある)

しばらく乗り続けるうちに、ちょっとした風でも簡単に倒れるようになってしまいました。

スタンドがついていない方向に倒れてしまうんです。

すると、別件で自転車屋さんを訪ねた際、スタッフの方が停めてある私の自転車を一目みて、サドルを上からえいっと押したんです。

上手く説明できませんが、スタンドの角度が浅くなっていたので、スタンドに重みをかけて角度を戻したのだそう。

確かに、自転車を停めた時の角度が違う!

向こう側に倒れない!

もし自転車が倒れやすい、と思われる方はスタンドの角度もチェックしてみてくださいね^^;

スポンサーリンク

自転車の転倒防止、強風対策用の前輪スタンド

自転車の転倒を防止したいなら、強風対策用のスタンドを購入してみるのも一つの方法。

しばらくは自転車に乗る予定がある、転倒による故障や破損を避けたい場合で、かつ駐輪スペースにある程度の自由がきくようなら、専用のスタンドもチェックしてみましょう。

重量の軽いタイプはお値段も手ごろなものが多いのですが、自転車がスタンドごと倒れてしまった、というレビューも見られたので、コンクリートに打ち付けたり、ブロックなどの重しを置く等の対策が必要になるかもしれません。

私のように自転車カバーをかけている場合、風を受ける面積が大きくなる分、転倒しやすくなるのが難点。

また、自転車が片足スタンドの場合、前輪を持ち上げるように停める前輪スタンドは、片足スタンドが浮いてしまい、前輪スタンドのみに頼ることになります。

強風対策としてはやはり重量のあるタイプがおすすめですが、値段はちょっとお高めです。

自転車の種類によっては上手くはまらない場合もあるので、設置条件やサイズ等もしっかりチェックしましょう。

>>>楽天市場で自転車スタンドをチェックする!

自転車の転倒による車とのトラブルを防ぐ

外出先で自転車を停めて買い物や用事を済ませ、いざ帰ろうとしたら自転車が倒れていた、ということは多いにあり得ます。

実際、玉突き事故ならぬ玉突き転倒状態の自転車も見かけますよね。

自転車は風で倒れる、という事を意識して駐輪しないと、通行人に思わぬケガをさせてしまったり、近くに停まっている車に傷をつけてしまう場合も。

車の傷は、持ち主にとっては重大な事故です。(うちの夫はかなり神経質…)

自宅の自転車を置く場所も、いざ倒れてしまった時に車に当たらない位置に停めるようにしています。

外出先に自転車を停める場合でも、転倒によるトラブルが発生しないように意識しましょう。

✔決められた場所に駐輪する。
✔車やバイクの近くに停めない(転倒した時に当たる距離内におかない)。
✔風が強い日は乗らない。
✔柱や柵にロックする(端に寄せて駐輪する)。
✔倒れやすい方向に気をつける。

自転車側の不注意で車に傷をつけてしまうと、修理代の請求など金銭的トラブルに発展することもあるようです。

お子さんが自転車に乗るようになったら、自転車の停め方についても教えるようにしましょう。

おわりに

購入したての新しい自転車、アシスト付きなど奮発した自転車、できたら倒れるのは避けたいもの。

サビ防止にカバーをつけると倒れやすい、カバーなしだとさびやすい…。

悩ましい問題ですが、置き場所の工夫やスタンドの活用など参考にしていただけると幸いです。

>>>自転車のサビ防止!カバーが風で飛ばされない対策はコチラ。

スポンサーリンク

関連記事と広告



-生活・食
-