お出かけ・レジャー

鹿児島観光に便利な路面電車の乗り方、乗り換え方法と一日乗車券の使い方

2019/04/14

鹿児島市の路面電車

鹿児島市内を走る路面電車、「市電」は市民のみならず、鹿児島観光に訪れる方にも大事な移動手段。

駐車場の移動を考えると、天文館と中央駅の行き来にも便利だし、鴨池・谷山方面までアクセスできます。

ですが、2系統ある路面電車の乗り方に戸惑う方も少なくありませんよね。

市電の乗り方や料金、乗り換え方法やお得な一日乗車券をご紹介します!

スポンサーリンク
  

鹿児島観光に便利な市電、路面電車の乗り方と料金

鹿児島市内を走る路面電車(市電)は、北の鹿児島駅から南の谷山までを途中2方向(2系統)に分かれて繋いでいます。

市電の路線図
(参照:鹿児島市交通局

鹿児島中央駅を経由するのは2系統、鴨池や荒田方面を経由するのは1系統となります。

※1日に数本、谷山から鹿児島中央駅への直行便もあります。

市電の乗り方は、料金後払い制

後ろから乗って、前から降りる際に料金を運賃箱に入れるシステムです。

降りたい電停の車内放送案内が流れたら、降車ボタンを押します。

大人は170円、小学生以下は80円。(2018年1月現在)

どこまで乗っても料金が一律なので、乗る際の整理券などはありません。

かごしま共通の乗車カード、【ICカードラピカ】で運賃を支払う場合は、乗車時と降車時にICカードリーダーにラピカをタッチします。

※鹿児島市電では、全国共通交通系ICカード(Suica・SUGOCA等)は利用できません。

鹿児島市電の子供料金・幼児や乳児連れは?

市電の子供料金は小学生以下を小児運賃とし80円ですが、1歳以上6歳未満の幼児については旅客1人につき1人無賃とされます。

1歳未満の乳児はいかなる場合でも無賃です。

【路面電車運賃支払い例】
・1歳以上6歳未満の幼児1人で乗車する場合は、小児運賃1人分の80円。

・大人1人が1歳以上6歳未満の幼児を1人同伴している場合は、大人運賃1人分の170円。

・小学生が1歳以上6歳未満の幼児1人を同伴する場合は、小児運賃1人分の80円

・大人1人が幼児2名を同伴する場合は、大人運賃1人分+小児運賃1人分の計250円。

ベビーカーや車いす利用の場合は超低床電車

路面電車には昔からの電車も多く走っているため、乗り降りの際にステップ(階段)があります。

ベビーカーや車いすを利用する場合は、超低床電車の利用が便利ですので、時刻表で事前に確認しておくと移動がスムーズになります。

>>鹿児島市電の時刻表(鹿児島市交通局HP)

※おはら祭りやサマーナイト花火大会など大きなイベント時は時刻表が変更になる場合があります。

スポンサーリンク

鹿児島市電、路面電車の乗り換え方法

鹿児島市電には2系統の路線がありますので、異なる系統の通っている観光地に行きたい場合は乗り換えが必要になります。

二つの系統が交わる電停は、「郡元」と「高見馬場」。

1系統から2系統(あるいはその逆)へ乗り換えする場合は、降車する際に運賃を支払って運転士から乗換券をもらいます

この乗車券は、1時間以内に指定の高見馬場又は郡元電停から乗換条件を満たした方に限り有効です。

乗り換え条件というと難しく感じるかもしれませんが、乗り換えする必要があるかどうかで考えると簡単。

例えば、谷山駅から出発し、郡元で鹿児島中央駅の2系統に乗り換えをした場合、乗換券が有効なのは2系統の加治屋町電停まで。(2系統の高見馬場の一つ手前)

高見馬場より先に行きたければ郡元で乗り換えする必要はない、ということになるので乗換条件には当てはまりません。

乗換券は一時間有効なので、2系統に乗り換える前に、郡元のイオン(旧ダイエー)でちょっとウィンドウショッピングやコーヒーブレイクするくらいはできそうですね(笑)

鹿児島観光に便利な路面電車の一日乗車券とは

せっかくの鹿児島観光なら、点在する西郷隆盛や薩摩の偉人に関する史跡、鹿児島の繁華街天文館などいろいろまわってみたいものですよね。

市電の一日乗車券なら、路面電車だけでなく、市バス、観光バス(シティビュー)も共通で乗り降りできちゃいます。

一日乗車券はスクラッチ式になっていて、料金は大人600円、小児300円。

特典として、観光施設の入館料割引やプレゼント進呈が受けられるので、観光地巡りならお得。

鹿児島中央駅の観覧車「アミュラン」の割引もありますよ♪

市電・市バスの一日乗車券はどこで買える?

お得な一日乗車券ですが、購入は市電や市バス、シティビューの車内でも購入できます。

停車時に運転士に申し出てください。

あるいは中央駅の観光案内所や天文館(ぴらもーるアーケード)の天まちサロン、天文館・中央駅エリアにある一部のビジネスホテルでも一日乗車券を購入することができるので、宿泊の際はフロントに確認してみてくださいね。

安くて便利な路面電車を上手に使いこなしましょう!

鹿児島市内ではバスもたくさん走っていて便利ですが、路線バスだと複雑なので観光客には難しい場合も。

その点路面電車なら、路線も料金もシンプルなので利用しやすいと思います。

系統と乗換さえ覚えておけば、スムーズな移動ができますので、ぜひ鹿児島観光に役立ててくださいね^^

関連記事>>鹿児島観光の移動手段におすすめ!シティビューvsまち巡りバスのご紹介はコチラ♪

スポンサーリンク

関連記事と広告



-お出かけ・レジャー
-,