Living info

気になるイベント情報、生活情報を発信しています。

お出かけ・レジャー

福岡のコスモス畑の見頃はいつ?海の中道vsのこのしまアイランドパーク

のこのしまのコスモス畑と玄界灘

福岡でも各地にコスモスが見られる場所はありますが、子供が楽しめる遊具施設などもあると1日楽しめますよね。

それなら、海の中道海浜公園かのこのしまアイランドパークがベスト!

海の中道と能古島(のこのしま)、どちらのほうが魅力的なんでしょうか?

気になる見頃や施設情報をチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

福岡 コスモス畑 見頃はいつ

福岡のコスモスの見頃は10月上旬~10月下旬にかけて。

品種によっては早咲きのものが9月中旬頃から、遅咲きのものは11月上旬まで楽しむことができます。

気候や台風によっても見頃が変動しますので、お出かけ前には各スポットの開花情報をチェックするのがおすすめです。

福岡には江辻コスモス畑(粕屋町)や西郷川花園(福津市)、キリン花園(キリンビール福岡工場横)など見応えあるコスモス畑が点在していますが、 中でも有名なのは子供も一日中楽しめる、「海の中道海浜公園」「のこのしまアイランドパーク」

広い芝生に寝転んで、動物と触れ合って、アスレチックで遊んで。

大人も子供も楽しめる2大スポットを紹介していきます。

福岡のコスモス畑、海の中道海浜公園

海の中道海浜公園
所在地:福岡市東区西戸崎18-25
コスモスの見頃:10月上旬~10月下旬

開園時間
3月1日~10月31日 9:30~17:30
11月1日~2月末日 9:30~17:00

※繁忙期やイベント開催などで延長する場合あり。

広大な敷地を持つ海の中道海浜公園。およそ150万本ものコスモス畑と秋の花々が咲き誇ります。

毎年コスモスの時期には「うみなか☆はなまつり」が開催され、多くのひとで賑わう定番スポットです。
公園内はいくつかのエリアがあり、とても歩いて回れる広さではないので、レンタサイクルが人気。

もしくは目的場所にあわせて駐車場を決めておくのがベター。

コスモス畑の場所は「花の丘」なので、駐車台数も多い、西口駐車場の利用がおすすめです。
ゴーカートなどで遊べる「ワンダーワールド」や水族館「マリンワールド」も行きたい!という場合、一旦西駐車場に止めた車を追加料金なしで別の駐車場へ移動することも可能。(繁忙期は満車になっていることもあるので注意)

園内には他にも動物の森、バラ園、デイキャンプ場、ドッグラン、夏季限定のサンシャインプールなどがあり、一日中楽しめるので、朝から利用したいところです。
遠方からなら、徒歩圏内のホテル「ザ・ルイガンズ」への宿泊もおすすめですよ^^

→楽天トラベルで「ザ・ルイガンズ」の宿泊情報を見てみる

海の中道海浜公園では、春と秋に入園無料の日があります。

2017年のコスモスの時期は、10月15日(日)と22日(日)が入園無料。

この日は混雑が予想されますので、ご注意くださいね。(駐車場は30分前から入庫できます)

コスモス畑のピンクの絨毯、玄界灘と空の青、海風を感じてのサイクリングなど、秋の海浜公園を満喫してみてくださいね。

スポンサーリンク

利用料金

入園料
大人410円(15歳以上)
シルバー210円(65歳以上)
子供80円(小学生未満無料)

駐車料金
普通車520円

レンタサイクル
大人(15歳以上)3時間400円、1日700円
中学生以下 3時間270円、1日400円

園内バス
3歳以上 1乗車200円、フリーパス500円

アクセス

車の場合は、福岡都市高速「香椎浜出口」からアイランドシティ経由。

JRの場合は香椎線(かしいせん)を利用、「海ノ中道駅」もしくは「西戸崎駅」下車。

バスの場合は天神から西鉄バスを利用、「海の中道駅口」より徒歩3分。

土日祝日は都市高速を通るルートの西鉄バスが便利。

ももち浜(マリゾン)や、博多ふ頭(ベイサイドプレイス)から船でアクセスすることもできます。

福岡のコスモス畑、のこのしまアイランドパーク

のこのしまアイランドパーク
所在地:福岡市西区能古島
コスモスの見頃:10月上旬~11月上旬(遅咲きのコスモスあり)

開園時間
平日・土曜 9:00~17:30
日曜・祝日  9:00~18:30 (冬季は平日と同じ時間)
年中無休

※コスモスの時期にライトアップ期間あり

福岡市姪浜から西に浮かぶ能古島(のこのしま)。

島内にある「のこのしまアイランドパーク」では、海をバックに一面のコスモス畑を見る事ができるロケーションが人気。約80万本のコスモスと海、空のコントラストが素晴らしい人気スポットです。

船で島へ行くので、プチ旅行感があります^^
食事処や能古島名物「能古うどん」屋さん、バーベキュー施設もありますが、芝生にレジャーシートを広げてのお弁当もおすすめ!

他にも駄菓子やさんやお土産屋さんもあります。
遊具は長いブランコやアスレチック、草に敷かれたレールを滑るロープスキーは子供にも大人気。

竹馬やバドミントン、サッカーボールなどの貸出しもあり、色んな楽しみ方ができます。

ウサギやヤギもいますよ♪

混雑回避に早めに撤収して、能古渡船場で「のこバーガー」を食べるもよし、ゆっくり園内に残って、絶景の夕日を眺めるのもまたよし。

園内には宿泊施設(コテージ)もあります。

利用料金

入園料
大人(高校生以上)  1,200円
こども(小・中学生)  600円
幼児(3歳以上)     400円

船の料金
大人  230円(片道)
小人  120円(片道)

バスの料金
大人  230円(片道)
小人  120円(片道)

駐車場料金(能古島行きフェリー乗り場横)
1日500円

アクセス

九州自動車道・太宰府インター、または福岡インターより福岡都市高速乗り換え→「福重・天神」方面へ進み「愛宕ランプ」下車(約20分)→姪浜渡船場まで約10分

姪浜渡船場より、フェリーで能古島渡船場へ(約10分)。

能古島渡船場到着後、西鉄バス「アイランドパーク行き」に乗車(約13分)。

歩いていけなくもないですが、上り坂なので着くころにはクタクタかもしれません^^;
繁忙期の休日は、朝からフェリー乗り場に列ができるほど。

ベストシーズンには船もバスも臨時便がでますが、乗り切らない場合は次のフェリーを待たなければいけません。

そんな時は、近くに海上タクシーがいますので(フェリーの倍の料金で時間は半分)そちらを利用するのもありですね。

おわりに

海浜公園、アイランドパーク、どちらも甲乙つけがたいですね!

どちらにしても、晴れた日が狙い目。

10月はまだ紫外線も強いので、日焼け対策と、大き目のレジャーシートはマストアイテム。

満開のコスモス畑を満喫してきてくださいね^^

スポンサーリンク

関連記事と広告



-お出かけ・レジャー
-,

おすすめ記事

グラタン 1
グラタンのホワイトソースがだまにならない簡単な作り方!つけあわせは?

お料理ベタな私ですが、グラタンはホワイトソースから作ります。 ダマにもならず、簡 ...

鍋の具材 2
鍋に入れるのはくずきり、マロニー、それとも春雨?違いは何?しらたきは?

鍋の美味しい季節。人気の具材にはくずきりやマロニー、春雨やしらたきなどもあります ...

ウィルスや菌がついた手のイメージ 3
ジアイーノの価格、業務用と家庭用の違いは?使い方やお手入れ、塩タブレットの投入や注意点とは?

パナソニックから発売されている空間除菌脱臭機、ジアイーノ。 インフルエンザやノロ ...

問診する医者 4
インフルエンザ予防に歯磨き?ガムでもいい?お医者さんの感染対策は?

インフルエンザの予防策としてマスクの着用や手洗い、予防接種などが推奨されています ...

女性の唇 5
リップトリートメントとリップクリームは違いは?使い方やおすすめリップも!

唇の乾燥は冬場のみならず、一年中気になりますよね。 女子の必需品、リップクリーム ...