Living info

気になるイベント情報、生活情報を発信しています。

生活・食

ドリップ?水出し?アイスコーヒーを気軽に自宅で楽しむコツ

アイスコーヒー

店頭でもアイスコーヒー用の豆や水出しコーヒーを見かけるようになりました。

暑い夏に飲むアイスコーヒーは冷たさだけでなく、コーヒーならではのコクや苦みが、疲れた身体をすっきりさせてくれますよね。

コンビニでも気軽に美味しいコーヒーを飲めるようになりましたが、より手軽に、より安く自宅で美味しいアイスコーヒーは作れるのでしょうか?

スポンサーリンク

自宅で作る!手軽なアイスコーヒーの作り方

自宅でアイスコーヒーを作る場合、代表的な2種類の作り方があります。

ドリップ
粉にしたコーヒー豆をお湯で蒸らしてから抽出します。
ドリップの仕方はホットコーヒーと同じですが、氷をサーバーに入れておき、急冷却します。一気に冷やすことで、風味が損なわれるのを防ぎます。

さらにそのコーヒーを氷を入れたグラスに注ぐため、薄まることを考慮し、お湯の量を減らすか、粉の量を増やして、濃くいれます。ホットの半分くらいのお湯の量でも大丈夫。お好みで調整しましょう。

ドリップコーヒーは飲みたい時にすぐ飲めるのがよいところ。まずは道具から揃える必要があるため、より本格的に自宅でのコーヒーを楽しみたい人、ホットコーヒーも飲みたい人向け。

コーヒーをドリップするためのドリッパー、ドリップしたコーヒーを受けるためのサーバー、ドリッパーの形に合わせたペーパーフィルター、お湯の量を調整しやすい、注ぎ口が細くなったドリップポット、コーヒー豆、メジャースプーン、そしてアイスコーヒーの場合は氷。冷却器を使う方法もあります。

また、ウォータードリップといって、水でドリップして時間をかけて抽出する方法もあります。

水出し(コールドブリュー)
粉に挽いたコーヒー豆を専用の袋にいれたコーヒー豆(粉に挽いたもの)を水につけて抽出する方法と、専用ポットに粉を入れて水を注ぐ方法があります。

ティーバッグのように、挽いたコーヒーが水出し用の袋に入った状態で販売されているものもあります。

水出しコーヒーは放ったままにできるので、夜作っておくと、朝そのまま飲める手軽さが人気。また、まろやかな飲み口で、酸味や苦みが苦手な方にもおすすめです。

コーヒー豆はどれを購入するの?購入後の保存方法

コーヒー豆はコーヒーチェリーと呼ばれるコーヒーの実の種子からできます。

スポンサーリンク

産地やグレード、ブレンドや焙煎度合いなどにより香りやコク、苦みや甘味、酸味の違いがでてくるため、自分好みのコーヒー豆を見つける楽しさもあります。

一般的にアイスコーヒーにはフレンチローストと呼ばれる深煎りのものが向いているといわれます。深煎りの豆は色が濃く、油でテカテカしています。

専門店では、アイスコーヒー用の豆が販売されていますが、数種類ある場合は自分の好みを伝えてみるといいでしょう。

購入後の保存方法ですが、空気に触れることで酸化が進み、また高温多湿を避けるため、密閉容器で保存しましょう。数日で飲み切るなら袋のまま密閉容器に入れて、直射日光のあたらない、風通しのよい場所で保管します。

1ヶ月以上の長期保存になる場合は冷凍保存がベター。小分けにしてからジップ袋にいれて冷凍保存すると、取り出す際もスムーズで湿気を防げます。

冷凍でも粉なら2~3週間ほど、豆なら1~3ヶ月ほどで使い切る量を購入するようにしましょう。

アイスコーヒーは作り置きしていいの?保存期間は?

ホットコーヒーは冷めると渋みなどがでてしまい、美味しくなくなってしまいますが、アイスコーヒーは2日ほど冷蔵庫で保存できます。

ただし、香りが飛ばないように、蓋などで密閉して保存し、できるだけ早く飲み切りましょう。

シロップやミルクを入れる場合は、飲む都度入れるようにします。

飲み切らない場合はゼリーにするのもいいですね。シロップを加えてホイップを添えると子供でも食べやすくなります。

おすすめはブラック。飲みにくいなら…

コーヒーには香りのリラックス効果以外にも、肝硬変など病気の予防に効果が期待できるほか、運動前にコーヒーを飲むことで脂肪燃焼を促す効果や、ポリフェノールの抗酸化作用による美肌効果など、身体にいいことがたくさん。

ですが、いずれも飲み過ぎや砂糖の取りすぎには注意したいもの。

ブラックコーヒーなら1日4~5杯でも飲み過ぎにはなりませんが、砂糖を都度いれてしまうと、糖分の取りすぎで良くありません。

ブラックが苦手ならミルクのみ入れてみるのもいいですが、ミルクが苦手な私は甘いお菓子と一緒にブラックコーヒーを飲んでいたところ、いつの間にか砂糖抜き、お菓子なしでもブラックコーヒーが飲めるようになっていました。

ただし、空腹時のブラックコーヒーは胃液をふやし、胃潰瘍などの原因にもなりかねないため、起きたて一番にブラックコーヒーをがぶ飲みしてしまうのは要注意です。

アイスコーヒーはホットに比べると、香りや苦みを感じにくくなります。その分飲みやすさもありますので、ぜひ自宅で気軽に自分好みのコーヒーを作ってみてくださいね!

スポンサーリンク

関連記事と広告



-生活・食
-

おすすめ記事

グラタン 1
グラタンのホワイトソースがだまにならない簡単な作り方!つけあわせは?

お料理ベタな私ですが、グラタンはホワイトソースから作ります。 ダマにもならず、簡 ...

鍋の具材 2
鍋に入れるのはくずきり、マロニー、それとも春雨?違いは何?しらたきは?

鍋の美味しい季節。人気の具材にはくずきりやマロニー、春雨やしらたきなどもあります ...

ウィルスや菌がついた手のイメージ 3
ジアイーノの価格、業務用と家庭用の違いは?使い方やお手入れ、塩タブレットの投入や注意点とは?

パナソニックから発売されている空間除菌脱臭機、ジアイーノ。 インフルエンザやノロ ...

問診する医者 4
インフルエンザ予防に歯磨き?ガムでもいい?お医者さんの感染対策は?

インフルエンザの予防策としてマスクの着用や手洗い、予防接種などが推奨されています ...

女性の唇 5
リップトリートメントとリップクリームは違いは?使い方やおすすめリップも!

唇の乾燥は冬場のみならず、一年中気になりますよね。 女子の必需品、リップクリーム ...