健康・美容

リップトリートメントとリップクリームは違いは?使い方やおすすめリップも!

2019/03/17

女性の唇

唇の乾燥は冬場のみならず、一年中気になりますよね。

女子の必需品、リップクリーム。

常に持ち歩いて塗り塗り…ってちょっとまって!

リップクリームの塗りすぎはかえって唇トラブルを招くこともあるのだそう!!

ちょっとリップスティック依存症っぽくなっていた私が、日中はお昼のひと塗りで済むようになったのは、朝晩のケアにリップトリートメントを使うようになったから。

私のおすすめリップトリートメントと使い方を紹介します^^

スポンサーリンク

リップトリートメントとは?リップクリームとの違い

リップトリートメントとリップクリーム、はっきりと違いの線引きがされているわけではないのですが、リップトリートメントは美容成分が多く配合されているものが多いようです。(メーカーによる)

トリートメント、というだけあって、リップケアを一番の目的とする商品が多いですが、中には色付きのものや香り付きのものもあります。

朝晩の唇ケアを目的とするなら、やはり美容効果を重視したいところですよね。

リップクリームの塗りすぎは良くない?

唇は他の皮膚に比べて角質層が薄く、また皮脂腺がなく、保水力も少ないせいで特に乾燥しやすい場所。

年齢がでやすい場所でもあります(-_-;)

リップクリームで必要以上に水分を与えていると、「なんだ、水分足りてるじゃないの」と唇自身の保水力が低下。

そして薄ーーーーーい皮膚にリップスティックをすりすり何度も塗りこむことで、角質は摩擦地獄。

リップクリームを何度も塗りなおすのは、うるおいを与えているつもりが、逆に唇そのものを傷めて乾燥を招く悪循環となっている可能性があるんです。

私も昔はスティック状のリップクリームを常に持ち歩いて、喋ったら塗り塗り、水を飲んだら塗り塗り…。

どうやら軽くリップスティック依存症だったようです。

しっかりケアできていれば、基本的に日中は食事のあとなどに塗りなおすだけでOK。

一日の中で、リップクリームを塗るのは5回以内に留めるのが理想なんだそう。

となると、唇をしっかりケアしてくれるリップトリートメントが気になります!

スポンサーリンク

私のおすすめリップトリートメント

そんな私のリップクリーム依存症を改善してくれたリップトリートメントがこちら。

セラムデューのリップトリートメント
セラムデューのリップトリートメントです。

ジャータイプのリップトリートメントにはビタミンA誘導体、ビタミンE、ムラサキ根エキス、アスタキサンチンなどの美容成分が含まれています。

年齢を重ねると、唇の縦ジワが気になってくるもの。

寝る前にリップトリートメントを塗って、エイジングケア!

しかも安心の、ノンアルコール・無香料・無着色料・無鉱物油

さらにセラムデューのリップトリートメントは、唇のトリートメントパックとしても使えるのはもちろん、リップメイクの上からグロスとしても重ね塗りできる優れモノ。

もちろん唇の乾燥対策として、ベルガモット果実油、イザヨイ薔薇エキス、アミノ酸などの保湿成分もしっかり配合。

口紅を塗る前に唇を整える役割も果たしてくれてます。

セラムデューのリップトリートメントはどこで買えるの?

セラムデューは現在通販のみ。

リップトリートメントの購入は、公式サイトや楽天の公式ショップが利用できます。

元々は毛穴をどうにかしたい!と色々試して辿り着いたのが、セラムデューのアクアクレンズ(メイク落とし)だったんですが、プレゼントでリップトリートメントを頂いてから、こちらもすっかりトリコになってしまいました( *´艸`)

伸びも良いので、1個で1ヶ月半~2ヶ月くらいもちます。

>>>セラムデューの公式HPをチェックしてみる!

リップトリートメントの使い方

リップトリートメントは、エイジングケア、下地、グロスの3役果たしてくれる心強い味方。

《エイジングケアとして》
寝る前に、唇の縦ジワを伸ばすように意識しながら、優しくマッサージするように塗ります。量は気持ち多めがおすすめ。

スティックタイプの場合でも、横方向に塗り塗りするのではなく、唇の皺と同じように縦方向に優しく塗りましょう。

《口紅を塗る前の下地として》
口紅を塗る前に、唇にリップトリートメントを塗り、軽くティッシュで押さえてから口紅をオン。

《グロスとして》
口紅を塗った後に、上から指先でとんとんと乗せていきます。

ジャータイプは使いにくい?

長年リップスティックを使っていた私には、最初ジャータイプは抵抗があったんです。

指で塗るの?塗った後の指をいちいち拭くの?外出時はどうするの?…って。

ところが実際に使ってみたら、ジャータイプって意外と便利。

リップスティックは途中で折れちゃったり、最後は小指を突っ込んでも使いきれない!と、もどかしさ&もったいない感がありますが、ジャータイプの最後まで余すことなく使い切れるスッキリ感といったら(笑)

指をいちいち拭くのも慣れました^^

おでかけの際は色づきタイプもおすすめ!

リップケアはしたいけど、外出時はやっぱり色づきタイプでなきゃ!という場合は、塗る人(唇)によって色が変わる、ティントタイプもおすすめ。

私は、友人から頂いた「ディオール アディクトリップグロウ」を外出時は愛用しています。

手を汚さずに済むスティックタイプは持ち歩きに便利。

フローフシの「LIP38℃ リップトリートメント」も根強い人気ですね!

おわりに

リップトリートメント、リップクリームは保湿が目的のため、既に荒れてしまった唇を修復したい場合は、医薬品のリップがおすすめです。

冬の乾燥は、お肌や唇の大敵。

唇の舐めすぎや塩分の取りすぎなど、日常生活の改善も意識して、プルップルの唇を手に入れましょう!!

スポンサーリンク

関連記事と広告



-健康・美容
-,