お出かけ・レジャー

ディズニーハロウィーン2017の仮装期間や注意点。ランドとシーはどちらが人気?

ミニーの耳をつけた女の子

2017年も東京ディズニーランド、東京ディズニーシーではハロウィンイベントが行われます。

今年で20周年となるディズニー・ハロウィーンは、なんと期間中、毎日フル仮装がOK!!

アナと雪の女王に続き「美女と野獣」が大ヒットした今年はさらに盛り上がりを見せそうです!

ディズニーハロウィーンを楽しむコツや注意点をチェックしておきましょう♪

スポンサーリンク

ディズニーハロウィーンの仮装期間は?混雑予想

ディズニーランドでは、ミッキーやミニーの帽子やカチューシャを付けるコーディネートは見かけますが、ドレスを着たり、着ぐるみで歩く大人は普段見かけませんよね。

東京ディズニーリゾートでは、普段は中学生以上の全身仮装はNGなんです。(小学生以下の子供に限り、普段の日も全身仮装がOK)

そんな東京ディズニーリゾートで大人の全身仮装が許されるのは、ハロウィンイベントの期間のみ。

2016年はハロウィンイベント期間の始まりと終わりの1週間だけというルールだったので、スケジュールがあわずに泣く泣くフル仮装を諦めた人もいるかもしれませんが、今年のディズニー・ハロウィーンは20周年!

なんとハロウィーンイベントの期間中、毎日、子供はもちろん大人まで、全身仮装がOKなんです♪

気になるディズニー・ハロウィーン2017の開催期間は…

2017年9月8日(金)~ 2017年10月31日(火)

1ヶ月以上フル仮装での入園ができますので、遠方の人にも仮装を楽しむチャンスが広がりますね!

そして、毎年すごい混雑となるハロウィンですが、今年は連休が少ないことと、フル仮装の期間が長いので、少しは混雑が分散するかもしれませんね。

ハロウィンイベント期間中の連休は、敬老の日が重なる9月の16日~18日、体育の日が重なる10月の7日~9日。

秋分の日(9/23)が土曜日なのが残念…。

そうはいっても祝日なので、9月22日~24日、またハロウィン(10/31)直前の10月28日~29日も混雑しそうですね。(土日なので当然ですが)

意外と連休明けの月曜なども多かったりするようなので、なるべく人が少ない日がいいなら、避けた方がいいのかもしれません。

注意したいのは、入園者が多い、もしく多くなりすぎると予想される際に一時的に「入園制限」が行われること。日付指定やオフシャルホテルの利用などで入園保証のあるチケット以外の場合、せっかくパークについたのに入れなかった…!ということになりかねません。

事前に日程が決まっているのなら、あらかじめ入園保証のあるチケットを購入しておきましょう。

ところで、ディズニーハロウィンでは大切なルールやマナーなど色々な注意点があること、ご存じですか?

ルールを守れていないと、あなた自身に入園制限がかかってしまう恐れが…!

ディズニーハロウィンの仮装にはルールがある?

ディズニーハロウィーンでは、みんながイベントを安全に楽しめるように、仮装のルール、マナーが決められていることをご存じですか?

そして当たり前といえばそうですが、ディズニーキャラクターに仮装しましょう ^^

東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのアトラクションキャラクター、パレードやショーに登場するダンサーの仮装はOKですが、中学生以上の場合はキャストの仮装はNGとなるので注意して。

ディズニーキャラクターですが、実写などでどれがディズニー映画??と判断に迷う場合は、東京ディズニーリゾート公式ページで対象作品の一覧を確認できます。

(マーベルはディズニーの傘下ですが、マーベル社のキャラクター仮装はNG)

過度なメイクはダメ!

ハロウィンといえば、ゾンビメイクやマスクでの仮装のイメージもありますが、顔を塗るメイク(マレフィセントの仮装で肌をグリーンに塗るなど)、血のりや傷などをメイクしたり、シールを貼ったりする行為はNG。つけヒゲやつけ鼻、ゴムマスクも着用不可。

つけひげはちょっと意外でしたが、元々の顔がわかりづらいメイクや装飾がダメなので、普段の外出メイク程度に留めておくのが無難です。

裾を引きずる衣装や装飾は禁止!

プリンセスのドレスやラプンツェルの髪の装飾など、引きずってしまうものは自分だけじゃなくて、周りの人にも危険な場合も。また、ドレスを膨らませすぎると、ゲートを通ることができない(=入園できない)ので注意しましょう。

露出の多い服装や全身タイツなども×!

ティンカーベルやジャスミンの衣装など、肌の露出が多いものは肌色のインナーを着用したり、上着を羽織ったりする工夫が必要。プリンセスのドレスをミニ丈にしてしまうのもアウト。全身タイツや水着、下着が見える格好での仮装もNGです。

その他、マレフィセントが持っているような長い杖や棒、とがった小道具やとがったアイテムを身に着けるのも危険回避のためNG。小道具類は手荷物(幅60cm、高さ50cm、奥行25cm以内)の中に入る大きさまでとされています。アイテム次第ではパーク内での使用が禁じられる場合もあるので、心配なら事前に問い合わせしてみましょう。

スポンサーリンク

ハロウィンでなくでも、危険物の持ち込みは禁止されているから、たとえ偽物でもナイフやモデルガンはどは持ち込まないで!

ディズニーのキャラクターイメージを損なう仮装をしないこと、自分にも、周りにも安全であること、紛らわしく思える恰好や物を持ち込まないこと。

モラルとマナーを大切に、夢の国での仮装をおおいに楽しみましょう!

気温にも注意。熱中症と寒さ対策を

ハロウィーンイベント開催時期はまだ残暑も厳しい季節。日中は暑く、日が落ちると寒さが襲います。

仮装するのであれば、日中の暑さにも、夜間の寒さにも対応できるよう、インナーで調整したり、羽織ものを用意しておくと安心です。

パークのトイレは混雑しますが、水分補給をセーブしたり、トイレを我慢するのは身体に負担がかかります。せっかくのパレード前に倒れてしまっては大変。

水分補給には利尿作用の少ない飲み物(麦茶や水など)をチョイスする、身体に熱のこもる衣服を避けるなどの熱中症対策や、夜の寒さ対策としてストールなどを用意しておくのもいいかもしれませんね。

ディズニーハロウィーン、ランドとシーではどちらがいい?

東京ディズニーランドとシーでは共通キャラクターと片方のパークのみのキャラクターがいます。

ミッキーやミニー、ドナルドやデイジーといった主要キャラクターは2パーク共通ですが、ベル(美女と野獣)、白雪姫、シンデレラ、オーロラ姫といった全身仮装でも人気のあるプリンセスたちはランドのキャラクター。

ハロウィンで好きなキャラクターの仮装をしたい場合には、そのキャラクターがいるパークを選ぶといいのですが、共通キャラクターの仮装や、仮装はしないけど、ディズニーハロウィンを楽しみたい方もいらっしゃいますよね。

昔とちがって、今やランドもシーも混雑ぶりに大きな差はないといわれています。

アトラクションの数が多いランド(子供でも遊べる)、グリーティング施設の多いシー(キャラクターとの記念撮影)。

誰と行くか、好きなアトラクション、キャラクターで決めるのもいいですし、ショーで選ぶのもいいかもしれません。

東京ディズニーランドでは、今年もハロウィーンミュージックフェスティバルをテーマにした観客参加型のパレード「ハロウィーンポップンライブ」が楽しめます。ゲストも一緒になって手拍子と簡単な振り付けで楽しめるので、小さなお子さんにもおすすめ。

一方ディズニーシーではヴィランズのハーバーショーを楽しめます。ディズニー作品やアトラクションにでてくる悪役・敵役のキャラクター(ヴィランズ)達がミッキーやミニーを招いてのパーティーショー。

ランドはかぼちゃ色のオレンジ、シーはヴィランズの衣装、紫がテーマカラーになりますので、仮装しない方も色味を合わせたコーディネートで楽しんでみてはいかがでしょう?

まとめ

20周年のディズニーハロウィン、楽しみですね!

ハロウィンは10月31日ですので、それ以外の日は全身仮装での移動はかなり浮いてしまいますよね。パークの入り口近くの更衣室で着替えができますが、そちらの混雑も大変です。

それならいっそ、オフィシャルホテルに宿泊して2パーク楽しむという贅沢も。

フル仮装でもパークまでの移動がシャトルバスで楽々だし、入園保証もあります。

他のイベントとは一味違う、ハロウィンのディズニーリゾート、仮装する人もそうでない人も、楽しいディズニーハロウィンの思い出を作れるといいですね ^^

スポンサーリンク

関連記事と広告



-お出かけ・レジャー
-,