イベント・行事

シーサイドももち花火大会の日程・アクセスは?交通規制、無料でみるならどこがおすすめ?

2019/06/25

花火大会

シーサイドももち花火ファンタジアは、百道浜エリアで開催される花火大会。

デートスポットとしても人気の百道浜エリアでの花火大会は夏におすすめの一大イベントです。

県内外から多くの人で賑わいますが、今年の日程と会場へのアクセス、チケットの内容や無料で花火を見る場所をご紹介します。

スポンサーリンク
  

シーサイドももち花火大会はいつ?延期はある?

2019年のシーサイドももち花火ファンタジアは8月に開催を予定しています。

開催日程:2019年8月7日(水)
開催場所:シーサイドももち海浜公園

開場予定は16時、開演は19:30予定となっています。

花火の打上げ数は12,000発。音楽とのコラボレーションで福岡にゆかりのあるアーティストの楽曲や花火・季節にちなんだ楽曲とあわせて打ち上げられます。

荒天時の延期や中止は?

シーサイドももち花火ファンタジアは基本的に雨天決行。

よほどの強風や豪雨などの場合は翌日の8月8日(木)に順延となります。

順延の際は観覧チケットの払い戻しはないため、お仕事の休みを取って参加する場合は7日、8日と2連休にしておきたいところ!

また、順延日も同様に荒天だった場合は中止となります。

その際はチケットは払い戻しとなります。

会場内は花火打ち上げ時の傘の使用がNGなので、雨の予報ならレインコートを持っていくのがおすすめです。

シーサイドももち花火へのアクセス、交通規制は?

シーサイドももち海浜公園へのアクセスは、百道ランプから車ですぐの距離ですが、当日は混雑が予想されます。

シーサイドももち花火大会の交通規制マップ

>>>シーサイドももち花火ファンタジア交通規制マップPDF(2018年開催時の情報です)

交通規制マップ内、Aの区間(RKB前、福岡タワー前)は16:00~22:00まで歩行者用道路になります。

地図の青い区間(福岡タワー前方と周辺、サザエさん通り)は18:30~22:00まで歩行者用道路、赤い区間(福岡タワー後方)は18:30~22:00まで車両通行止めとなります。(路線バスを除く)

地行中央公園横の歩道橋は19:00~21:00まで利用不可。

また、ザ・レジデンシャルスイート・福岡、早良消防署横の一部道路は18:30~22:00まで一方通行(マリゾン入口側からのみ)となります。

ヤフオクドーム、ヒルトン前では警察官による交通整理、交通誘導が実施される可能性あり。

花火ファンタジア会場専用の駐車場はなく、周辺は午後10時まで交通規制を実施するため、早めに近くの駐車場に停めても、会場を出るまでに時間がかかってしまいます。

混雑回避のため、公共交通機関の利用が推奨されていますが、車で向かう場合も西新あたりに駐車して徒歩移動する方法もおすすめです。

バスでのアクセス

百道浜までバスで移動する場合は、福岡タワー南口が最寄り。

ただし、夕方前には道路の混雑に巻き込まれる可能性もあるので注意が必要です。

>>>西鉄バスの時刻表はコチラ

地下鉄でのアクセス

シーサイドももち花火ファンタジア会場へ地下鉄でアクセスする場合、購入したチケットのエリアによって、最寄り駅が異なります。

ヤフオクドーム側の地行浜エリアで観覧する場合は、福岡市営地下鉄・空港線「唐人町駅(K05/3番出口)」から徒歩でおよそ15分。

マリゾン前の百道浜エリアで観覧する場合は、同じく福岡市営地下鉄・空港線「西新駅(K04/1番出口)」、「藤崎駅(K03/3番出口)」から歩いて20分ほどになります。

会場内には飲食ブースが設けられますが、飲食物の持ち込みはOK。(クーラーボックスなどの持ち込みは禁止)

途中で買い出しをする場合は西新からのアクセスが便利。

地下鉄西新駅から会場までは少し距離がありますが、シーサイドももち海浜公園の入口までは「さざえさん通り」があるので、それもまた楽しめるかも?

スポンサーリンク

シーサイドももち花火大会は有料チケットのみ?無料で見るなら?

シーサイドももち花火ファンタジアは小学生以上は有料のチケットが必要となります。

エリアによって値段が分かれていて、チケット価格は1,000~20,000円。

会場内は有料エリアのみとなっていますが、チケットが完売となった場合、当日券の販売はありません。

花火を無料で見るなら?

シーサイドももち花火ファンタジアの会場内に無料エリアはありませんが、海から高い位置に打ち上げられる花火はわりといろんな場所から見る事ができます。

百道浜エリアの目の前には福岡タワーがあり、タワー周辺には広場がありますので、建物がなるべく遮らない場所を選べば、音楽も迫力ある花火も楽しめます。

海岸沿いで観覧したい場合は、室見川をはさんだ愛宕浜海浜公園やマリナタウン海浜公園、あるいはヤフオクドーム側でも十分花火が見られると思います。

立ち入り禁止場所や駐車禁止区域など、ルールやマナーを守って観覧しましょう。

おわりに

2018年のシーサイドももち花火ファンタジア行ってきたんですが、めちゃめちゃよかったです!

グランドフィナーレの連続花火は、もう笑いがとまらなくなっちゃうほど。(すごすぎて!)

入場料は必要だけど、見応え十分、大満足の花火大会でした。

花火大会の様子は、RKBでも放送されますが、やっぱり現地でみたらもっとよかった♪

ぜひぜひ、足を運んでみてくださいね~

スポンサーリンク

関連記事と広告



-イベント・行事
-,