生活・食

車内の紫外線対策!窓ガラスのUVカット効果は?日焼け防止のおすすめグッズ。

車を運転する女性

最近の車は、ほとんどがUVカットガラスになっていますが、運転席・助手席でジリジリ日差しを浴びていると、本当に紫外線カットされているか心配!

UVカットガラスとはいっても、全てのガラスが100%紫外線を防いでいるわけではありません。

そう!

車の中だって、紫外線対策してないと日焼けしてしまうんです!!

GW、夏休み、とおでかけも増える季節。

車内の紫外線対策をしっかりチェックしておきましょう!

スポンサーリンク
  

車内の紫外線対策!ガラス越しでも日焼けするの?

シミやしわなど、肌老化の原因ともなってしまう、紫外線。

地上に届いている紫外線は、しわやたるみといった肌の老化に繋がるUVAと、日焼けして肌が赤くなったり(サンバーン)、シミやそばかすの原因となるUVBがあります。

>>>日焼け止めの選び方!PA,SPFってなに?

シミやそばかすの原因となるUVBは身体への悪影響が強いものの、雲やガラスなどで阻まれやすい性質があります。

ガラス越しでも注意しなければいけないのがUVA。

UVBに比べると人体への影響が少ないUVAですが、雲やガラスを通り抜けやすく、肌の奥(真皮)まで到達して、じわじわとしわやたるみといった悪影響を及ぼしてしまいます。

UVカットガラスに効果はある?

車を購入した時に、UVカットガラスになっているということは聞いていましたが、カット率まで把握していなかった私。

カタログを見てみると、UVカット率99%なのはフロントのみ!

フロントガラスは、割れた際の飛散防止のために、特殊な膜を挟んだ合わせガラスになっているのですが、この膜が紫外線もカットしてくれる効果があるため、UVカット率99%(約100%)になっている車が多いようです。

ところが標準装備では、フロントドアのガラス、リアやサンルーフまで360℃、UVカット率99%というのは難しいのが現状。

ドア側の腕だけ日焼けしてしまったり、片側だけやたらシミが気になるようになったという声も…。

やっぱり車内の紫外線対策って必要!!!

ちょっとの外出だと、もういいや!って日焼け止めも付けずにいることが多いんですが、UVAの悪影響って、どんどん肌に蓄積されちゃうんですって!

IRカットって?UVカットとは何が違うの?

最近の車の窓ガラスは、UVカットだけでなく、IRカット機能ガラスが標準装備になっているものも見かけるようになりました。

IRは赤外線のことです。

赤外線は透過率が強いことから、リモコンやカメラなど様々なものに使われていますが、熱作用も大きく、強い日差しの下では、じりじりと肌が焼けるような熱さを感じます。

車の中が熱くなったりするのも赤外線による熱作用。

IRカットガラスは、赤外線をカットすることで、車内の温度や肌が熱くなるのを軽減する効果があり、エアコンの効きなどにも影響します。

紫外線対策をしていても、じりじりと肌が焼けるような熱さを感じると、日焼けしちゃう!と心配になりますが、ジリジリを抑えるのはIRカット。

逆に、ジリジリしていないから紫外線を浴びていない、と思うのは勘違い!

危ない、危ない…。

車内の紫外線対策、日焼け防止におすすめのグッズは?

UVカットガラスだけでは、100%カットではないガラスを通過した紫外線の反射なども心配。

ちょっとのお出かけでも、しっかり紫外線対策を行いましょう!

UVカットのフィルムを貼る

UVカット、IRカット率を高めるカーフィルムを貼るという方法。

確実な効果が得られそうな気がしますが、自分で貼るのは大変な作業。

また、フロントガラスとフロントサイド(運転席・助手席側面)ガラスにフィルム貼る場合は可視光線透過率が70%以上でなくてはならないと定められています。(透明だったらOK、というわけではないので注意!)

車種によって、元々の可視光線透過率が違うため、フィルムを貼った状態で透過率が70%以上になっていなければいけないとなると、業者に依頼するのが賢明で、そうなると費用もかなり大きくなります。

サンシェードをつける

サイドドアのガラスに取り付けるサンシェードにも様々な種類があります。

赤外線をカットする効果や、車中泊のプライバシー管理にもおすすめ。

後部座席に子供を乗せる時も、紫外線対策以外にオムツ替えなどの際も便利。

商品によっては、窓の開閉時に邪魔になったり、外が見えなくなったり、見栄えが良くなかったりと、難点もあります。

UVカットのアームカバーや帽子、サングラス

紫外線対策のマストアイテム、アームカバーと日傘(帽子)、サングラス。

私もダッシュボードには、車用のアームカバーとサングラスを置いています。

日傘は車内では無理だし、帽子は座る時に邪魔で、長時間ドライブだと蒸れちゃうのが難点。

日焼け止めを使う

日焼け防止にはやっぱり日焼け止め!

肌にやさしく、子供と一緒に使える日焼け止めも人気

>>>赤ちゃんから大人まで使える【For fam(フォーファム)】多機能アウトドアUVミルク

ただし、こまめな塗り直しが必要なので、腕とかはいいんですが、顔はメイクの上からは難しいよね…というのが悩みのタネ。

飲む日焼け止め!体内からの紫外線対策

日焼け止めを飲むの?!と思いましたが、美容も外側からだけじゃなくて、内側からのケアが大事。

ちょっとのお出かけで日焼け止めクリームを塗るのが面倒、塗り直しや塗り忘れの心配もなくなるのが嬉しいですね!

おわりに

4月~9月は特に地上に届く紫外線の量が増えるので、ちょっとのお出かけも油断大敵。

日焼けしてからのケアではもう遅い!?

自分にあった、万全の紫外線対策で、夏のお出かけも楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連記事と広告



-生活・食
-,