生活・食

ガスコンロの火が赤い原因は加湿器?他の原因との違いや安全性は?

ガスコンロの青い炎

普段何気なく使っているガスコンロ。

通常青いはずのガスコンロの炎が赤くなっていたら?!

故障?危険?!

我が家のガスコンロの火が突如赤くなった原因は?

炎が赤くなる理由や危険度などを調べてみました!

スポンサーリンク
  

ガスコンロの火が赤い!原因や理由は?

普段、特に意識してなくてもガスコンロの青い炎に見慣れているので、突如赤い炎がついた時はもうびっくりです!

「ええっ!?」と一旦消火してみましたが、換気扇は入れているし、お知らせサインのランプも付いていない。

ちょっと前に電池を替えたばかりだけど、そのせい?

先日、殻付きの牡蠣をグリルで直に焼いたのがまずかった?

でも今までやっていることだし、掃除もしたし…。気を取り直して点火してみたけど、やっぱり赤い。

なんでなの?

ガスコンロの火が赤い原因1.換気

ガスコンロの炎が赤い場合、酸素不足による不完全燃焼があるのだそう。

換気されてない環境で火をおこすと一酸化炭素が発生しますよね。

その状態では通常青い炎が赤くなり、そのまま使用すると一酸化炭素中毒になる場合も!

軽視できる原因ではありませんが、普段通り換気扇もまわして使っているので、今回の原因ではなさそうです。

ガスコンロの火が赤い原因2.詰まり

換気がしっかりされていても、ガスの噴出口が詰まっていると、空気が不足して炎が赤くなる原因になります。

吹きこぼれなどが起こった際に掃除が不十分だと、バーナーキャップに炭となって付着し、穴を塞いでしまっていたり、お掃除後の水分が乾燥しないままバーナーキャップが腐食してしまっていて炎が赤くなる原因となることも。

五徳を外してバーナーキャップをチェックしてみましたが、まだ使用年数も3年ほどということもあり、目詰まりなども見つからず。

※チェックする際はやけどに注意!

ガスコンロの火が赤い原因3.加湿器

そして、意外な原因が加湿器

加湿器に使用する水道水に含まれるカルシウムとかアルカリ金属が、ガスコンロの炎と反応して色が変わるんだそう。

炎色反応といって、学校で習う化学反応らしいけど…覚えてない(゚Д゚;)

加湿器の中でも、特に超音波式加湿器で起こる現象なんだとか。

超音波式加湿器…あら?もしかして???

スポンサーリンク

ガスコンロの火が赤い!もしかして加湿器?

暖房と同時に、加湿器をつけるようにしているリビング。

超音波式加湿器

ペットがいることと、置き場所の関係で超音波式加湿器を使っている我が家。

しかもガスコンロと同じ並び。

暖房側からみると、暖房→食卓→加湿器→キッチン。

そこしか置ける場所ないんですもん、今回のリビングでは。(我が家は転勤族)

前の住まいでは加湿器とキッチンの間に壁があったり離れていたり、IHだったところもあったから、今までこんな症状がでなかったんですね、きっと。

でも本当に加湿器が原因かどうか、確認してみなきゃ!

加湿器のON/OFFで炎の色は変わる?

さて、加湿器をつけた状態のガスコンロの火がこちら。

ガスコンロの火が赤い

赤い(オレンジ?)色してますね。

そして加湿器を消してしばらく待ってから、再度点火してみると…

ガスコンロの青い火

青い炎に戻ってる!

(※結構時間を空けているので、鍋が違うのはご容赦ください)

再度加湿器をつけると…(次はフライパンかい!笑)

ガスコンロの赤い炎

うーん、これはもう加湿器が原因で間違いないですね(-_-;)

なぜ超音波加湿器?危険はないの?

なぜ超音波式加湿器をつけていると、ガスコンロの炎が赤くなる(炎色反応をおこす)のか。

水を沸騰させて水蒸気で部屋を加湿するスチーム式加湿器では、水の粒子が細かいので、水分中のカルシウムやアルカリ金属などは空中に漂うことがありません。(カルシウムなどの成分は加湿器に付着する)

一方、超音波式加湿器の場合は、水の粒子が大きいので、カルシウムやアルカリ金属といった水道水に含まれる成分が水と一緒に散布(?)され、それがガスコンロの火と反応を起こすのだそう。

超音波式加湿器のデメリットとして、床が濡れたり家具に白い汚れが付着してしまうというのもそのせい。

ちなみに、加湿器による炎色反応については、危険はなく、そのまま使用して大丈夫なんだそう。(気になりますけどね)

ガスコンロの火が赤い!改善しない場合は?

今回、我が家のケースでは超音波式加湿器が、ガスコンロの火が赤くなる原因だったことが判明したので一安心。

ですがもし、原因がわからず、炎の色が改善しない(青色に戻らない)場合は、むやみに原因を探るのではなく、速やかにガス会社に連絡しましょう。

ガスコンロが故障している場合もありますので、プロに確認してもらうほうが安心です。

おわりに

年末の大掃除にあわせて、ガスコンロの清掃をされる方も多いかと思いますが、掃除をする際に、誤って点火すると危険です。

必ず事前に元栓が閉まっていること、コンロやバーナーキャップが熱くないことを確認した上でお掃除しましょう!

スポンサーリンク

関連記事と広告



-生活・食
-,