健康・美容

ジェルネイルのUVライト・LEDライトの違いや選び方!代用はできる?

2019/03/17

ジェルネイルを専用ライトにあてる

ぷっくりツヤのあるジェルネイル、ほんと可愛いですよね~!

今では、自宅でジェルネイルができるセルフキットも多く販売されてます。

そもそも、特殊な樹脂を熱で硬化させるジェルネイルには、専用のライトが必要。

でも最初は、どのライトを選んだらいいのか悩みますよね。

そこで今回は、ジェルネイル専用ライトの種類や、UVライト・LEDライトの違い、ライトの代用できるのかについてまとめてみました!

スポンサーリンク

ジェルネイルに使うUVライト・LEDライトの違い

現在、ジェルネイル専用ライトには、UVライト、LEDライト、そしてCCFLライトがあります。

UVライト

日焼け止めでよく聞くUV(紫外線のこと)。

元々ジェルネイル用のライトは、比較的安いUVライトが主流だったんですが、硬化時間が長い・ランプに寿命があって定期的な交換(半年に一度程度)が必要といったデメリットがあって、現在はLEDに移行しつつあります。

ただし、UV用のジェルネイルはUVライト(もしくはCCFLライト)でなければ硬化できないので、お手持ちのジェルを確認してみてくださいね。

check!【即納OK】 ジェルネイル用UVライト36W(UVライプスーパープロフェッショナ...

レジンのハンドクラフトはUVライトを使うので、ジェルネイルと両用できるメリットがあります。

LEDライト

硬化時間が短くて済み、ランプが半永久的に使用できるということで、ジェルネイル用といえばLEDライトが主流になってきてる感じがします。

普及に伴い値段も下がって、購入しやすくなったのも人気の理由の一つなのかも。

ただし、ジェルによってはLEDライトに対応していない(硬化しない)ものもあり、UV・LED両方に対応したライトも多く販売されています。

check!特価![最新上位モデル]送料無料☆ジェルネイル・クラフトレジン Powerful...

ちなみに、私が使っているのもこれ↑。

今からジェルネイルを始めようと思っているなら、LED・UVライト両用タイプがおすすめかなって思います。

CCFLライト

UVライト用、LEDライト用のジェルネイルでも硬化可能(理論上)とされるのがCCFLライト。

check!CCFL & LED 36W ネイルライト ジェルネイル用 UVライト/...

CCFLライトは、硬化時間が短くランプが半永久的に使える上、LEDライトより消費電力が低いとメリットが多いです。

だけど、LEDライト用ジェルが普及しつつあることから、CCFLライト自体取り扱いが少なめ。

そのため選択肢があまりないんですが、↑上記モデルなら欲しい機能(自動センサー、底板マグネット)がついてるので、十分かなって思います。

ジェルネイル用ライトの選び方

ライトの違いはわかったものの、同じ種類のライトでも色んな種類があるんですよね。

なので次は、形状や機能の違いによる選び方をご紹介します!

ずっとジェルネイルを続けたい、成人式や結婚式などで今回だけやってみたい、ジェルネイルではなくてレジンクラフトに挑戦したい…。

目的に応じてライトの選び方も変わってくると思うんです。

ずっと、あるいは定期的にジェルネイルをやっていきたいという方は、卓上ドーム型がおすすめ。

check!【楽天32週1位獲得!感謝特価】LED & UV ネイルライト 48W ...

フットネイル対応や5本指を同時に硬化できるなど、同じドーム型でもそれぞれに違いがあります。

でも一番気にしてほしいのはワット数(w)。

ワット数が低ければ、消費電力も低くなりますが、それでは硬化時間が長くなってしまいます。

できれば36Wくらいは欲しい!

また、指を入れるだけで硬化が始まる自動センサー付きや、タイマー付きも便利です。(硬化中にTVを観たりして、うっかり硬化時間をオーバーしないように…笑)

クラフトレジンで高さのある作品などを硬化させたい場合などは、底板がマグネットになっているものも便利ですね!

また、LEDはライト交換不要という利点があるけれど、本体が劣化しないというわけでもないので、あまり安価すぎても不安かも。

ですが、イベント時のみの使用だったり、旅行用に携帯したい場合はペンタイプのほうが手軽。

check!【メール便送料無料】LEDライト付!ジェルネイルスターターキット【LEDペン型ラ...

私は別にペンライトはいらないかなと思っていたんですが、ノーワイプのトップジェルを購入しようとしたら、↑これを見つけて、どうせならセットのほうがお得だし…とつられて買っちゃいました…(*´ロ`*)

ドーム型ライトをいちいち出すのが面倒くさい時(ジェルのカラーが見たくて試し塗りする時とかですっ!)に意外と重宝してます。

UVライト・LEDライトは他のもので代用できる?

今では100円ショップでもジェルネイルが販売されてます。(時代だぁ…)

だけど、専用ライトはまだネイルショップやコスメ雑貨店、通販などでの取り扱いがほとんどなので、100円ショップでジェルネイルを買ってきたけど、ライトがなかった…なんてことも。(一部ライト不要のジェルもあります)

通常、UVライトは波長365nm前後、LEDライトは波長405nm前後程度でなければ硬化できないので、家の中で使う蛍光灯やLED照明などでは残念ながらほぼ代用できません。

UV、といえば太陽光ですが、爪を日光浴させたところで、硬化するまでにはかなり時間がかかってしまうものと想像できます。(日焼けのほうが心配!)

ブラックライトならもしかしたら硬化できる場合もあるかもしれませんが、やっぱり確実に硬化させるなら、ジェル用ライトを購入しましょうね。( ´^`° )

>>>楽天市場で【ジェルネイル用ライト】をチェックしてみる!

※急いでてほんとヤバい!って時は、ドンキとかコスメ雑貨店に在庫がないか聞いてみて!

ジェルネイル用ライトの選び方まとめ

今回は、ジェルネイル用ライトの違いや選び方として、

・ライトはUV・LED・CCFLの3種類
・両用タイプ(UV/LEDかLED/CCFL)がおすすめ
・目的にあった形状や機能を選ぶ
・基本的にライトの代用は不可

ということを紹介しました☆

ジェルの種類や色によっては硬化する時間も前後しますが、基本的には硬化時間は記載とおりに行う必要があります。

また、ジェルが皮膚についていたり、自爪が薄い方などは、硬化熱が痛い!熱い!と感じる場合もあります。

異常を感じたらすぐに使用を中止して、無理をしないように注意してください(>_<)

スポンサーリンク

関連記事と広告



-健康・美容
-,