生活・食

鹿児島の白熊!むじゃきのかき氷の種類や値段は?持ち帰りやお取り寄せはできる?

2018/06/08

むじゃきの白熊

鹿児島の夏といえば、白熊。

ケンミンshowなど、TVでも紹介されたせいか、いまでは全国的にも「白くま=かき氷」としてイメージが定着しつつある、鹿児島のソウルフードの一つ。

白熊が食べられるお店として特に有名なのが、鹿児島の繁華街・天文館に本店を構える氷白熊の本家”天文館むじゃき”。

アクセスや持ち帰りメニュー、お取り寄せの値段などをご紹介します。

スポンサーリンク
  

氷白熊の本家・むじゃきへのアクセス

鹿児島の繁華街、天文館通りアーケードの中に氷白熊の本家・むじゃきのビルがあります。

路面電車通り沿いにあるタカプラから天文館公園に向かうアーケードを進むと、右側に大きな白熊がおいてあるので一目瞭然です。

むじゃきの入り口においている白熊

夏の観光シーズンは、この白熊と写真撮影する観光客でいっぱい!

むじゃきはかき氷屋さん?食事はできる?

むじゃき本店は、ビルの地下1階から4階までの各階にジャンルの異なるお食事処がはいっていますが、すべてむじゃきの店舗。

地下1階は薩摩鉄板焼 むじゃき。
お好み焼きややきそば、もんじゃ焼きなどの鉄板焼きメニューを食べられるお店です。

1階は喫茶 白熊菓琲。
黒豚カツサンドやしろくまちゃんのフレンチトースト、両棒餅などの軽食が食べられるカフェです。

2階は洋食 カジュアルレストランMujyaki。
ファミレスのような雰囲気ではなく、どちらかというと喫茶店のような店内ですが、オムライスやナポリタン、鹿児島名物黒豚わっぜえか丼、パフェやキッズプレートなどのメニューがあります。

4階は居酒屋 味処 むじゃき亭。
薩摩揚げや、きびなごの刺身などの郷土料理や焼酎、昼食時なら黒豚味噌かつ膳やお子様膳などの和食中心としたメニューがあります。

もちろん全ての店舗で白熊を食べる事ができます。

ただし、夏休みのランチ時など、混雑している場合は白熊のみのオーダーは持ち帰りのみとなる場合も。

どの店舗も11:00オープン、ラストオーダーは21:30ですが、BFの鉄板焼きと4Fの居酒屋は15:00~17:00の間がCLOSEとなります。

(8月の繁忙期などは10時オープンに変更になる期間があります)

ちなみに、鹿児島中央駅のアミュプラザ地下1階にもむじゃきの支店が入っています。(10時オープン~20時半ラストオーダー)

白熊はもちろん、お好み焼きや焼きそばなどの鉄板焼きメニューがあり、白熊のテイクアウトや全国発送の受付も行っています。

スポンサーリンク

天文館むじゃきを食べてみた!

とはいっても、地元が鹿児島なので、過去にも何度かむじゃきの白熊は食べたことあるんですが…。

その日はサマーナイト花火大会の翌日だったこともあり、ランチ時のむじゃきには行列ができあがっていました。

昼食は別のお店で済ませたのですが(ごめんなさい)、連れがどうしても白熊が食べたい!というので…。

お店の方から「店内への案内は食事も利用される方のみに制限させていただいております。白熊のみお召し上がりの方はテイクアウトをご利用ください」との案内があり、1階のアーケードに面したテイクアウト専用の窓口に並びます。(こちらも行列)

でも回転は速いので、10分ちょっとくらいで白熊ゲットです♪

ハンディ白熊

ハンディ白熊は私も初めて!(上からみたら、白熊になってる)

アーケードの中とはいえ暑いので、すぐ食べないとどんどん氷が溶けていきます。

ベンチも用意されてますが、まあ座れるだけのスペースはなく、立ち食いです(汗)

ランチでおなか一杯だったので、もう入らないよ!と文句を言っていた私でしたが、ハンディサイズ、ペロリでした。

むじゃきの白熊は後味がすっきりしてる気がします。

同じレジで持ち帰り用のカップに入った白熊も販売されていますが、ドライアイスは有料で持ち帰り時間は6時間となっていました。

むじゃきのテイクアウト用カウンター

白熊の種類や値段、お取り寄せは?

店内で白熊を注文するとなると、種類が多くて迷います。

基本の白熊以外にも、チョコレート白熊、ストロベリー白熊、プリン白熊、宇治金時、なかには焼酎白熊(芋焼酎のシロップがけ)なるものも!!!

夏限定のマンゴーも美味しそう♪

大きな白熊のオブジェ

(1F入口におおきな白熊のオブジェが飾っています)

基本の白熊は720円、白玉のせなどちょっと豪華になると825円、スペシャル白熊は1,080円。

なかなかなお値段ですが、ボリュームもなかなかなので、二人でシェアするかベビー白熊(510円)、もしくはテイクアウトのハンディ白熊(450円)もおすすめです。

むじゃきの白熊はお取り寄せできる?

むじゃきの白熊はお取り寄せが可能です。

遠方にに住む親せきからも時々頼まれて送ったりしますが、インターネットで注文することができます。

むじゃきのオンラインショップか、もしくは楽天市場などのショッピングサイトで注文可。

ビッグサイズやベビーサイズの詰め合わせなど様々ですが、やはり冷凍ものとだけあって、送料が高いんですよね(^^;)

自分で買うより、貰って嬉しい物としてお中元などの贈答品におすすめです。

むじゃきの白熊を取り寄せるなら、ふるさと納税が一番お得かも…?

おわりに

かなり前に、友達同士でむじゃきを食べに行き、なぜか白熊ではなく金時を注文したんですが、手元のお会計表には「銀時」の文字。

銀時ってなに…?と思って待っていたら、白い豆が乗ったかき氷がやってきました!

蜂楽饅頭(今川焼みたいな回転饅頭)は白あん派なので、結果オーライだったのですが、それよりも、なぜ金時を注文したのかが不思議でしょうがありません。(笑)

今なら迷わずいつでも「白熊」です!

スポンサーリンク

関連記事と広告



-生活・食
-,