お出かけ・レジャー

宝当神社で宝くじ当選祈願!船での行き方と参拝方法、猫のふくちゃんはどこで会える?

宝当神社とふくちゃん宝当袋

宝くじの高額当選ご利益があると人気を集めている佐賀の宝当神社へ行ってきました!

4億円の高額当選を引き当ててくれたと一躍有名となった猫のふくちゃんにはどこで会えるの?

お祈りする姿は果たしてみられるのか…?!

船での行き方や駐車場料金、宝当神社の参拝方法などをご紹介します♪

スポンサーリンク
  

宝当神社に宝くじ当選祈願へ!

佐賀県の高島にある宝当神社は、数々の宝くじの高額当選者がお参りしているということで、TVや雑誌でも取り上げられ、パワースポットとしても人気を集めている神社。

年間20万人が参拝の訪れるという、噂の宝当神社へいざ!

あ!宝くじをすでに購入している人は持っていくのをお忘れなく!!

宝当神社へのアクセス

佐賀県の唐津市の沖合い約3km地点にある高島へは船でアクセス。

定期船、もしくは海上タクシーを利用して上陸、港から宝当神社は歩いてすぐです。

福岡方面から、まずは唐津城を目指します。

唐津城前の市営東城内駐車場を利用

唐津から宝当神社のある高島へアクセスするには、船に乗り換える必要があります。

駐車場は唐津城の前にある市営東城内駐車場が便利。

唐津城から道を挟んで正面にある広めの駐車場です。

唐津城前の駐車場

駐車料金は普通車で1時間超え2時間以内なら300円。

唐津城前駐車場料金表

定期船(ニューたかしま)、海上タクシーともに船着場はすぐ近く。駐車場のトイレもきれい。

宝当神社への行き方、海上タクシーor定期船

宝当神社への行き方は海上タクシーか定期船(ニューたかしま)を利用します。

定期船は料金が安いけれど2時間に1便ペースでの運行。

海上タクシーはピストン運行だけど、料金は定期船の倍ちょっと。

時間があえば定期船利用、待ち時間があるなら海上タクシーが便利かな。

波が高めの場合、船酔いしやすい人は定期便のほうが乗り心地はいいかも?

定期船でアクセスする方法

定期船乗り場は、駐車場奥の看板に従って右側の橋を渡ってすぐ。

101名乗りの中型船で、料金は片道で大人210円、子供は100円。

所要時間は約10分。

時刻表(2017年12月現在)
唐津発
7時50分
10時00分
11時40分
14時10分
16時00分
18時00分

高島発
7時00分
9時00分
10時45分
13時20分
15時00分
17時00分

スポンサーリンク

海上タクシーを利用する場合

海上タクシーの乗り場は駐車場左側すぐ。

高島行き海上タクシー乗り場案内

看板がでてるのでわかりやすい。

高島行き海上タクシー乗り場案内

海上タクシーの料金は大人片道500円、小学生以下の子供は250円。

だけど、おひとり様での運行だと1,000円なのでご注意!!定期船まで時間があるなら、誰かくるのを待った方がいいような…。

高島行き海上タクシー

ちょうど私達が船着き場に向かう頃、高島から海上タクシーが帰ってきました。

高島行きの海上タクシー

10人ほど乗れる小型船。

居合わせた4人を乗せたら、船長さんが宝当神社周辺の案内をざっくりとしてくれました。

初めてだったので助かります。

船内の中央がシートになっていて、景色をみながら沖へ沖へ。

この日は曇り空だったんですが、雲の合間から光が差し込んで海がキラキラ☆

高島へ向かう海上タクシーからみた海原

到着まえからありがたやです!

高島へ上陸!猫のふくちゃんにご挨拶

さて、10分ほどで高島に到着。

船長さんの案内通り、船着き場を右に進んで、左に曲がります。

コンクリート2階建ての建物(漁業組合)を目印に進むと、大きく宝くじの看板。

宝当乃館の看板

島内で宝くじも買えちゃうんですね!

ここを右に曲がって進んでもいいんですが、ふくちゃん目当ての私達、そのまままっすぐ漁協のほうへ。

左側に定期船乗り場。

高島の定期船乗り場

そして看板に従って右に曲がると…海の駅。

高島の海の駅

宝くじをいれる宝当袋やまねきねこ、百万円メモ帳など、運気あがりそうなグッズがずらり。

そして海の駅から宝当神社方面(写真でいうと右)に進むと、お祈りねこ「ふくちゃん」が一躍有名となった野﨑酒店。

店頭、店内には宝くじ当選者の感謝のメッセージや色紙、お祈りポーズのふくちゃんの写真がどーん。

お祈りねこふくちゃんの写真

猫の写真展で知られる岩合さんの写真集も。

肝心のふくちゃんは、というと…。

店内には4匹ほどの猫がいましたが、奥からでてきたおじちゃんが、「この子がふくちゃんだよ」

と教えてくれるまでわからないほど(それでもにわかには信じられないほど)、小さく痩せてしまっていました。

人間でいえば還暦を超えている歳。

年末ジャンボの発売日はすごい人出だったそうで、ふくちゃんも忙しかったことでしょう。

無理しなくていいから休んでてね。

なのでふくちゃんファミリーをパチリ。

段ボールを覗く猫

それ、商品がまだ入ってる段ボール箱ですよ…(^^;)

先日来店されたDr.コパさんから、お墨付きをいただいたというふくちゃんの宝当袋を購入。(2,600円?ふくちゃんファミリーへのお小遣いです^^)

宝くじ1枚とお祈りポーズふくちゃんの写真をもらえました♪

ふくちゃんの宝当袋

持ってきた宝くじを早速袋にいれて、お店を後にします。

お外を出入りしているにゃんこたちなので、店内は正直動物のニオイもしますが、苦手な方は商品の通信販売もされているそうです。

宝当大黒屋 野﨑酒店
TEL・FAX:0955-73-8114

宝くじ売り場もあります

野﨑酒店を出て、宝当神社方面へ向かうと、さきほど看板を見た「宝当乃館」が。

宝当乃館

こちらでは宝くじの購入もできます。

奥の店内では宝当袋やお守りなども販売されていました。

年末ジャンボなどの発売日はすごい行列だったんでしょうね!

宝当神社へいざ!参拝方法は?

宝当神社への道のりは看板がでているので迷う事もありませんが、方向音痴の方でも大丈夫!

猫の足跡が、宝当神社まで道案内してくれます。

コンクリートにかかれた猫の足跡

宝当神社へ案内する猫の足跡

足跡に従って、宝当神社までは3分もかからないほど。(1分くらい?ほんとすぐです)

足あとの方向に顔を上げると…

宝当神社

宝当神社の本殿

靴を脱ぎ、本殿の中にあがっての参拝です。

宝当神社の参拝方法は、「二拝二拍手一拝」。

本殿内にも当選報告のお手紙などが貼ってあります。

大学ノートが置いてあって、宝くじ当選を願うメッセージがたくさん書き込まれていました。

裏参道と塩屋神社へも参拝しました

海上タクシーの船長さんが案内された宝当神社の裏参道へもお参りします。

本殿右側の矢印に従って進むと、本殿の下にお賽銭箱が。

こちらでも参拝して、ぐるっと本殿を1周。

お参りが終わったら、宝当袋の口を縛ります。

宝当神社を後にしたのは、海上タクシーを降りてからおよそ35分後。

だいたい40分後くらいに海上タクシーが迎えにきます、とのことだったのであと5分しかなかったんですが、塩屋神社へもお参りに。

こちらも案内板があるので、迷うことなく、山のふもとの坂を少し登った場所にある塩屋神社へ。

塩屋神社

こちらから先にお参り(お邪魔します、の気持ちで)したほうがいいらしいんですが、逆になってごめんなさい。

お邪魔させていただいたことに感謝の念をお伝えして、船着き場へ戻ったのは上陸してから45分後。

ふくちゃんとこでちょっと長居しすぎてしまいましたね(^^;)

でも海上タクシーもちょうどお客様を降ろしたところだったので、スムーズに帰途につくことができました!

授与品は郵送もできます

宝当神社の社務所で扱っているお守りなどの授与品は、郵送も受け付けているそうです。

必当守(ひっとまもり)や金運財布守など、現金書留・郵便振替で受け付けていらっしゃるので、遠方の方はHPをチェックしてみてくださいね。

>>>宝当神社HP

おわりに

年末ジャンボの販売も終了した平日に行きましたので、人はまばらでとっても静かに参拝することができました。

宝当神社への道は地元の方のおうちが立ち並んでいますので、騒がないように。

通りすがる人には挨拶や会釈を交わして、気持ちよく参拝しましょう^^

ふくちゃんに美味しいおやつをお礼できますように♪

さて、ここまできたら、糸島の牡蠣でも食べに行きますか!

スポンサーリンク

関連記事と広告



-お出かけ・レジャー
-